Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『半沢直樹』前半戦のテーマを振り返る 運命の取締役会は最高潮のカタルシス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 電脳雑伎集団によるスパイラル買収は、成立まであと一歩の状況で東京中央銀行が500億円の追加融資を検討。スパイラルと東京セントラル証券は土俵際に追い詰められた。土壇場の状況で、半沢(堺雅人)は電脳の買収劇に隠された“ある矛盾”に気付く。 【写真】半沢と大和田の対峙  真相を知るキーパーソンは、電脳の元財務担当である玉置克夫(今井朋彦)。『半沢直樹』(TBS系)第4話で、半沢は玉置を訪ね静岡へ。並行して、半沢は電脳の財務状況に不審な点があることを伊佐山(市川猿之助)に伝えようとする。  一方、伊佐山と副頭取の三笠(古田新太)は、大和田(香川照之)も取り込んで、追加融資の承認を得るための多数派工作を進めていた。半沢に対しては、子会社の身分でありながら親会社に楯突いたとして、またしても出向の話が持ち上がる。そして、運命の取締役会の日がやって来る。  企業スペクタクル『半沢直樹』最大の見せ場にして、満場の観衆がやんやと喝采を送るひのき舞台が取締役会だ。前作最終話で、半沢に不正を追及された大和田が、頭取はじめ並み居る役員の前で土下座したのが取締役会であり、奇しくも同じ場所で、因縁の両者が相まみえることになった。  と言っても、今回はなんと、大和田は半沢の助太刀。事ここに至るまで、つばぜり合いならぬ「お前なんかと誰が手を組むか! 死んでも嫌だね!」(大和田)、「あなたこそ負け犬だ」(半沢)と口を極めて罵り合うなど、相変わらずの犬猿の仲だったこともあり、「もしかしたら」と思いつつも、半沢が会議室に呼ばれるまで半信半疑であった。それだけに、半沢が登場した瞬間は、見ているこっちまで立ち上がりそうになった。  そこからは、怒涛の半沢劇場。伊佐山と三笠に対して、顔面筋と目力全開で、電脳の粉飾を見逃した責任をつまびらかにする一連のくだりは、カタルシスが半端なかった。ことの次第を察して、すべての責任を伊佐山になすりつけようとする三笠(悪党!)を見逃さず、森山(賀来賢人)との連係プレーで悪事を糾弾する半沢の姿に、「懲らしめてやりなさい」と心の中で叫んだのは筆者だけではなかったはず。7年越しの倍返しが実った瞬間だった。  大和田が半沢に力を貸したのは、愛弟子だと思っていた伊佐山に裏切られたことが直接の原因だが、そもそも伊佐山は、半沢によって土下座の憂き目に遭った大和田を見限り、三笠に寝返った。一方で、大和田には、電脳の案件を進めるため、あえて三笠に付いていると吹き込んでいた。  それが最後の最後に、大和田に本心を漏らしたことで、三笠ともども枕を並べて討ち死にとなったが、買収が成功したと思って慢心した伊佐山が見せた隙を、半沢が見事に突いたと言える。とにもかくにも、いとこ同士である香川照之と市川猿之助がそろい踏みした見ごたえのある一幕だった。  さて、『ロスジェネの逆襲』を原作とする前半は、「誰のための倍返しか?」がテーマだったと思う。顧客や社会を忘れて私利私欲を追求する中で、気付かないうちに道を踏み外していったのが三笠や伊佐山、電脳の平山夫妻だった。その反対が半沢で、出向先でも顧客のために全力を尽くす。「倍返し」は自分だけのためではなく、「感謝と恩返し」に裏付けられている。  森山に対して半沢が背中で見せる姿にも、胸が熱くなった。信念を持って仕事をする人間は後輩のことも見ているし、証券のプロパー社員として、出向組の半沢を白眼視していた森山が仕事にやりがいを見出していく過程が、前半の裏テーマだったかもしれない。  銀行に戻った半沢には、帝国航空の再建という重いタスクが課せられた。新キャストも登場し、倍返しは一段と大きなステージへ進む。

石河コウヘイ

【関連記事】