Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“大人のかき氷”が流行中。お酒入りで、暑い夏の夜にキーンと冷える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
女子SPA!

夜の新デザート! スイーツの新境地「お酒×かき氷」

 うだるような蒸し暑い日が続くと、ひんやりした冷たいものを食べてクールダウンしたくなる。そんな夏の風物詩であるかき氷は’17年頃から変わらずブームが継続中。しかも、年々少しずつバージョンアップしており、いま話題となっているのがアルコール入りの“大人のかき氷”だ。  シロップに混ぜたり、吹きかけたり、かき氷とアルコールの絡ませ方はさまざまだが、まずご紹介するのは、シロップやソースにリキュールを使用する、かき氷専門店「イエロ(Yelo)」だ。  ’14年4月、東京・六本木にオープンすると、ティラミスやバナナきなこなど、珍しい味わいのかき氷が一年中食べられるとあって、一躍人気店に。定番や月替わりなど、多種多様なメニューがあるなかで注目したいのが通称「ナイトかき氷」。夜遅くまで営業しており、カフェとしてだけでなくバー感覚で利用できる同店自慢の、お酒を使ったかき氷だ。

冷たいカクテルを飲んでいるような気分

「自家製のラムミルクソースのほか、カルーアやミントリキュールを使ったものなど、常時9種類を用意しております。夜は、飲んだあとに立ち寄られたり、男性のお客さまのご利用も多いですね。もちろんご希望があれば、昼間でもお召し上がりいただけます」(代表の三ツ野寿美礼さん)  実は、アルコールは冷たいものでは感じにくくなるので、食べはじめは酔っぱらう感覚はない。しかし食べ進めるうちに、ほんのりとまわってくる。そして氷が溶けてくるとドリンク感が増し、冷たいカクテルを飲んでいるような気分で楽しめるのだ。  また、オレオやタピオカ、マスカルポーネホイップクリームなど、トッピングを選んで自分好みにカスタマイズできるのもうれしい。

希少なスピリッツをまとった贅沢な一杯

 次に紹介するのは銀座にある国産クラフトビールとワイン、天然氷のかき氷の店「麦酒屋るぷりん」。有名無名を問わず、日本で生まれた酒を厳選し、気の利いたつまみとともに提供する店だ。 「かき氷の氷は、日光の四代目徳次郎の天然氷を使っています。冬の間に2週間ほどかけてじっくりと凍結した氷は、硬くて解けにくいという特徴があります。そのため、うちでは15分から20分ほど室温において、少しやわらかくしてから削ります。そうすると、鳥の羽根のように軽い、ふわふわのかき氷ができるんです」と、店主の西塚晃久さんは説明する。  特製のソースもまた絶品。レモンのかき氷では、水にグラニュー糖を溶かして沸騰させたシロップに、レモンの輪切りを入れて一晩寝かせてソースをつくる。桃のかき氷では、白桃を国産シードルで煮てコンポートにして、ソースは桃を丁寧に裏漉ししてつくる。もちろん、かき氷の中に潜んでいるムースなどもすべて自家製だ。

【関連記事】