Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小野友樹が『キズナライト』に閉じ込めた深い絆 堀江晶太、天月-あまつき-、少年T、みきとP参加の配信EP全曲レビュー

配信

リアルサウンド

 声優として第一線で活躍し続ける傍ら、精力的にアーティスト活動も行っている小野友樹が6月10日、配信EP『キズナライト』をリリースした。制作陣を飾るのは、堀江晶太、少年T、天月-あまつき-、そしてみきとP。小野自身が憧れたという歌い手、ボカロシーンで活躍するメンバーを集めたこの作品は、テーマとして掲げられた「絆」の通り、小野がたぐり寄せた絆によって織り上げられた一作になっている。  表題曲でもある「キズナライト」を手がけたのは堀江晶太。PENGUIN RESEARCHのベースであり、kemu名義でボカロPとして数多くのヒット曲を生み出してきた人物でもある。2人はPENGUIN RESEARCHのボーカル・生田鷹司を通じて親交が生まれた。 「ライブで一発目に歌いたい曲」という小野のオーダーをもとに作られたこの曲は、リード曲にふさわしい、明るく疾走感のある正統派ロックチューン。〈一人じゃない 一人じゃないと呼びかける歌が聴こえるかい〉〈この声で伝えていくよ 遠くなっても届くといいな 寂しさを越えられるように〉というフレーズは、声を武器にする小野ならではの表現を感じさせ、実に印象的だ。人と思うように会うことができず、孤独が募りがちな今の世の中に向けたエールのような1曲となっている。  2曲目の「エリミネイト」を作詞作曲した少年T(佐香智久)とは、小野が出演したアニメ『君と僕。2』(テレビ東京系)の主題歌を佐香が担当したのが出会いのきっかけ。“歪んだ絆”というひねった依頼に応えた「エリミネイト」は、高速BPMの中をシンセサイザーが跳ねまわる、ボカロシーンをダイレクトに感じる楽曲に仕上がっている。  続く「GIFT」を手がけたのは天月-あまつき-。「ザ・キラキラソングを」という小野の依頼通り、小気味いいアップテンポのメロディに、ストレートでてらいのない詞が重なった「GIFT」には、爽やかでポジティブな楽曲を得意とする天月-あまつき-らしさが存分に詰まっている。  そして4曲目、「喪失-愛の温度-」を担当するのはみきとP。kemuと同じくボカロPの代表格とも言える存在だ。関わりのきっかけは、小野が担当したキャラクターソングをみきとPが書き下ろしたこと、そしてTVアニメ『ACTORS -Songs Connection-』(TOKYO MX系)の企画で、みきとPの代表曲『ロキ』を小野が歌ったこと。シリアスな曲からロックテイスト、ポップソングまで幅広い楽曲を生み出すみきとPだが、「喪失-愛の温度-」はギターを利かせた切なさ募るラブソングで、しっとりと歌いあげる小野の声が聴きどころだ。  ラストを飾るのは、小野自身が作詞・作曲した「いつか君が笑うなら」。もともと自作の曲は入れず4曲構成の予定だったが、「キズナライト」を聴いたことで気持ちが変わり、エンディングにあたるものを作りたいと形にしたのがこの曲だ。ピアノとストリングスを取り入れドラマティックに展開されていく同楽曲は、「キズナライト」のオープニングらしい威勢の良さと対をなしているようでもある。歌詞も、〈聴こえるかい〉と呼びかける「キズナライト」に対して、〈聴こえたその声 何千何万人を貫いてできることはただひとつ 大声で答えるよ〉と歌われていて、アンサーソングのようなつくりになっている。  バラエティ豊かな5曲からなるEP『キズナライト』の楽曲には、クリエイターたちの「らしさ」が詰まっている。それぞれの個性が引き出せたのは、小野が各クリエイターと向き合い、関わり、関係性を作りあげてきた賜物なのだろう。  1曲目の「キズナライト」から始まり、「いつか君が笑うなら」へと繋がっていくこのEPの構造は、声優の仕事から新たな関わりが生まれ、音楽のジャンルへと広がり、受け取ったものを自分のエネルギーに変えていく小野自身の姿勢にも通ずる部分がある。きっとこの先も絆の輪を広げ、新しい可能性を切り開きながら、前に進み続けてくれることだろう。

満島エリオ

【関連記事】