Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中川翔子「夏のミラージュを聞きながら」『きまぐれ☆オレンジロード』まつもと泉さんへの追悼イラスト披露

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ふたまん+

 10月13日、『きまぐれオレンジ☆ロード』などの漫画で知られる漫画家・まつもと泉さんが今月6日に61歳で亡くなったことを同氏の公式サイト「WAVE STUDIO」が発表。脳脊髄液減少症で闘病中だったが、入院療養中の病院で亡くなったという。 【画像】中川翔子による「オレンジロード」イラスト  漫画界からも悲しみの声が上がる中、タレントの中川翔子(35)が同日に自身のツイッターで特技を生かしたイラストでまつもとさんを追悼。「きまぐれオレンジ☆ロードの絵を描きました。 まどかさんか、ひかるちゃんか 決められるわけないよ 80年代のキラキラした夏に憧れて描きました 夏のミラージュを聴きながら」というコメントともに一枚のイラストをアップ。アニメ第1期EDに使用された和田加奈子による楽曲「夏のミラージュ」を聞きながら描いたという主人公・春日恭介とダブルヒロインの鮎川まどかと檜山ひかるの絵を投稿した。 『きまぐれオレンジ☆ロード』は1984年から1987年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていたラブコメ作品で、1987年4月から1年間にわたって日本テレビ系でアニメも放送された。中川は同日、「今年は悲しいニュースが多すぎる。素晴らしい作品を生み出してくださった、80年代のきらめき、きまぐれオレンジ☆ロード ご冥福をお祈りいたします」とツイートしており、このイラストはまつもと泉さんの訃報を悼んで描いたもののようだった。  中川の愛と敬意あふれるイラストに、ファンからは「どれだけ作品を愛されていたかが伺えます」「しょこたんありがとう アニメを好きになったきっかけの作品です」「懐かしくて泣けました」「まどかさんもひかるちゃんも翔子さんの想いが現れてますね」「翔子さんが80年代の魅力ある代表作を今の時代に伝えてくれてる事はとても意味があると思う」と多くのあたたかいコメントが寄せられた。

■漫画界からも追悼ツイート、SNSでは「まどか派ひかる派」の声相次ぐ

 まつもと泉さんの訃報には、テレビアニメで主人公の恭介の声を演じた古谷徹も13日、ツイッターで「まつもと泉先生がお亡くなりになっていたとはショックです。ご病気が悪化していた事も知らなかった。『きまぐれオレンジロード』という素晴らしい作品を生み出してくださった事に改めて感謝すると共に、心からご冥福をお祈り致します」と哀悼の意を表していた。  また漫画界からも追悼ツイートが相次いだ。同じく『週刊少年ジャンプ』で80年代にラブコメ路線の作品を発表していた漫画家の江口寿史氏は、「まつもと泉先生、本当だったのか、、」とコメントし、6年前に自身の個展に訪れたまつもとさんとの2ショット写真を引用しながら「闘病されてるとは聞いていたが、この時が最後になってしまった。ご冥福をお祈りします」と悼んだ。 『いちご100%』などのラブコメ作品で知られる河下水希氏も「その後どんなマンガを通ってきても、小学生の頃大好きだった作品からは根っこの部分でずっと影響され続けている気がします」としたうえで、「カッコよくて綺麗でおしゃれで繊細で可愛くて、こんな女の子描きたいっていつも憧れていました」と、まつもと作品への思いをつづった。  また19歳のときに2年間まつもとさんの元でアシスタントをしていたという『レッツ☆ラグーン』などで知られる岡崎武士氏は「先生が真摯に作品作りに取組む姿を間近で拝見し作品作りの素晴らしいところ苦しいところすべてを学ばせて頂きました。先生の許で学んだものは自分にとってかけがえのないものになっております」と思い出をつづった。  また、『HELLSING』や『ドリフターズ』などで知られる平野耕太氏は「まどか派でもひかる派でもなく 春日まなみ派だった」とツイート。SNSではまつもと泉さんの訃報を受け、同作のどのキャラクターが好きだったかといった声が多数上がった。

【関連記事】