Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《ブラジル》手づかみで体得したブラジル=19年度交流協会生の体験談(3)=堀尾藍以「自分の可能性に気づいた」

配信

ニッケイ新聞

堀尾藍以(東京、22)神田外語大学ブラジル・ポルトガル語専攻3年次終了後休学し、研修制度に参加。ブラジル日本交流協会(http://anbi2009.org/)の研修先はヤマト商事。趣味はバスケットボール。  私は未知の世界を求めてブラジルへ渡りました。そこで、ブラジルと自分の持つ可能性に気づくことができました。  私は高校時代、バスケットボール部の活動に全身全霊を注ぎました。キャプテンも務め、引退時にはやり切った感がありました。卒業後の進路には、語学に興味があったので神田外語大学を志望しました。

 その頃の心の中には、何かモヤモヤとした感覚があり、それは「私の中にはバスケットボール部での経験しかない。社会人になる前に自分をもう一段階成長させたい」という思いでした。そうした中でブラジルの存在を知り「いつかこの未知なる世界に渡って成長したい」という思いが芽生え、ポルトガル語科への入学を決めました。  入学後、留学よりもリアルな生活や文化に触れることができると思い、ブラジル日本交流協会の研修に参加しました。その勘は大当たりだったと今は思います。  実際にブラジルに来て感じたことは、「想像以上の未知の世界が広がっていた」でした。貧富の差は想像を超え、それでも人々は当たり前のように共生している。衝撃的な光景や情報が毎日大量に頭の中に入ってきて、最初の1カ月はショックで何が起こっているかわからない真っ暗な空間にいる様な気持ちでした。  しかし、その状況に慣れるために時を頼りにしていたら、短い1年間で自分をもう一段階成長させるという目的を果たせないだろうと考え、行動することにしました。  勇気を振り絞り、公園などで活動している、女子バスケチーム『Magic Minas』の練習に行くことにしました。受け入れてもらえるか心配でしたが、行ってみると、みんなが「Bem vindo!」と歓迎してくれました。

【関連記事】