Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「密避けて…」信州のキャンプ場にぎわう 利用者は県内・県外半々 名古屋から「久しぶりの旅行」

配信

NBS長野放送

雨だけでなく新型コロナウイルスの感染拡大も懸念される中、みなさんは連休をどうお過ごしでしょうか?密を避けやすいキャンプ場はやはり人気が高いようです。 焼きたてのお肉をパクリ。バーベキューを楽しんだり…。 「とったー」 魚の手づかみ体験をしたり…。家族で自然を満喫です。 長野市の戸隠キャンプ場。新型コロナの影響で先月、1カ月遅れで営業を始めましたが、キャンプは密を避けやすいということもあり客足は好調です。 現在は最大定員450組のところを250組程度に制限していますが、あいにくの天気にも関わらず、23日、24日は満員だということです。 戸隠キャンプ場・里野太吾さん: 「(連休に入り)ほぼ満員、県内客と県外客、割合は半々くらい」 名古屋市から訪れたこちらの家族は、久しぶりの旅行です。 息子(中1): 「キャンプは言葉にならない。(Q.言葉にならないくらい)楽しいです」 父親: 「旅行にも行けず子どもたちは抑制されていた。久しぶりの旅行なので、楽しんでくれている」 全国で感染が拡大していることもあり、キャンプ場も対策を徹底しています。受付では、事前に記入した健康チェック表の提出を義務付けました。さらに…。 (記者リポート) 「テントの場所が指定されているエリアでは、テント同士の間隔がとれるよう配慮されています」 埼玉から: 「間隔もとれていて、混んでいたら心配だなと思ったが、その辺りも気にしていて安心」 市内から: 「(子どもは)喜んでいる。外で遊ばせるのがいいかなと。キャンプ場なら大丈夫かなと」 戸隠キャンプ場は自然を満喫してほしいとあす以降も昆虫つかみどりなどのイベントを行うということです。

長野放送

【関連記事】