Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10万円のマスクってどんなもの?東京駅にできた“マスク専門店”に行ってきた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
PHILE WEB

新型コロナウイルス感染拡大を受け、いまや必需品となった「マスク」。使い捨ての不織布マスクや布マスクのほか、様々なメーカーから素材やデザインも多彩なマスクが登場してきている。 そんななか、東京駅・八重洲地下街に“ファッションマスク専門店”がオープンするというニュースが注目を集めた。運営はイオングループのアパレル企業、(株)コックス。200種類以上のマスクを用意し、コンシェルジェが常駐。しかも、ラインナップのなかにはなんと10万円のマスクもあるという。 10万円。いったい何がどうなったらマスクが10万円もするようになるのだろうか。めちゃくちゃ高級な素材を使っているのか? それとも機能性がすごいとか? —— さっそく実物を見に行くことにした。 ■平日も多くの客足。口々に「10万円のマスクってどれ?」の声 ファッションマスク専門店「Mask.com(マスクドットコム)」は、八重洲地下街・八重洲外堀通り地下2番通りにある。19坪の店内にはマスクがずらり。グランドオープンした9月9日以来多くの方が足を運び、密を避けるため最大15名(店員5名含む)の入場制限を設けるほど。12日(土)・13日(日)は店舗前に常に50〜100人が列を作ったという。 訪れた方の多くが口にしていたのが「10万円のマスクがあるらしいよ」「どれなの?」という言葉。わかる。めちゃくちゃ気になるでしょう。 これが、10万円のマスクだ。 ……と写真をお見せしたいが、Yahoo!ニュースの仕様上掲載できず。「ファイルウェブ」の記事にてご覧いただきたいのだが、スワロフスキー®・クリスタルがふんだんにちりばめられているのだ。 しかも、東京・人形町の職人がひとつひとつ手作業で取り付けており、ひとつ作るのに約2週間かかるのだという。デザインはスター柄、ドット柄、リーフ柄など4パターン。普段はガラスケースに入れて展示販売されている。 素材にもこだわりが。肌に当たる裏面には国産の綿100%を使用した日本製で、肌触りが良く洗濯してもごわつかないそうだ(売り物かつ衛生用品であるため、実際に触ることはできなかったが)。 そして耳部分にはアジャスターを、鼻部分にはノーズフィットを配置しており、多くの方にぴったりのつけ心地を提供してくれるという。なるほど、10万円の理由はこういうこだわりだったのか……。 ちなみになんとこの10万円のマスク、早くも購入した方がいるそうだ。え、10万円マスク、売れたの?!買ったのってどんな人なの……? ■個人情報ですから。 結論から言うと、個人情報のため教えてもらうことはできなかった(当たり前)。しかし、素敵な女性だったという。確かにこのきらめきは、女性の心をときめかせるものがある。 なお10万円は出せないけれどスワロフスキー付きのものが欲しい、という方には15,000円(税抜)のラインも用意されている。こちらも女性から、日常使いはもちろん「ダンスの発表会でつけてみたい」など “ハレの舞台” での着用希望も多かったとのことだ。 ■なんで10万円のマスクを作ろうと思ったの? そもそもなぜ10万円のマスクを作ろうと思ったのか。そしてコロナ禍において、なぜオンラインだけでなく実店舗でもマスク専門店をオープンしようと思ったのか。(株)コックスでデジタル推進統轄部長 兼 運営部長を務める宮野 敦さんにお話しをうかがった。 コックスはイオン系列のアパレル会社で、メンズ/レディスあわせて7ブランドを展開。EC限定ブランドのほか、220の店舗を展開している。主力は衣料品であり、マスクを作るのが今回が初めてだ。 多くの方がご存知のように、コロナ禍によりアパレルはもちろん飲食業や映画館など様々な業種が打撃を受けている。コックスは、これらをファッションの力で少しでも打開しようという考えから、今年5月「日本元気にしようプロジェクト」を立ち上げた。今回のマスク専門店/オンラインショップ開業は、このプロジェクトの第8弾にあたる。 マスクづくりでカギになったのは、衣料品にも使われる “機能性素材” だ。同社はこれを活かし、接触冷感や保湿性能のある高機能マスクを企画。さらにアーティストや映画作品、企業とコラボし販売機会を提供するプロジェクトなどを次々と発表してきた。10万円のマスクも、商談のなかで店舗をオープンすることを伝えた際、製造元から「こんなことができるけどどうでしょう」と声かけがあり共同開発に至ったという。 東京駅・八重洲地下街に店舗を構えたのは、ここが東京の入口であり、日本の様々な場所への出発点でもあることが理由だそうだ。 ■売れ筋は「ちょっと高め」で「国産品」 現在の主力ラインナップは、接触冷感の「ぴたマスク」や「ひやマスク」、セラミド加工し肌荒れに配慮した「さらマスク」など。冬に向け、シルクプロテインを配合した「ふわマスク」や、生姜エキスを配合した温感素材の「ぽかマスク」なども発売予定だ。 商品価格帯は500円からで、同社としては安価なものが売れ筋になると予想していた。しかしオープン後の反応をみると、最もよく売れるのは1,500円前後の商品だったそう。宮野さんは「国産の、ちょっといいマスクが欲しいというお客様が多い」と話す。確かに、長引くことが予想されるコロナ禍のなか、何回も洗濯して使えるのであれば長く使えるちょっと良いものを、と考えるのは納得できる。 店舗にはコンシェルジェが4名常駐。コックスの他ブランドで販売員として勤務するなど、ファッション提案も得意としており、来店者の好みを丁寧にヒアリングして商品選びをサポートしてくれる。マスクはなかなか実物を手にとる機会がないだけに、最も質問が多いのは「サイズ感はどうか」という点とのこと。機能性が高いものとファッション性の高いものをあわせて5〜6点ほどまとめて買っていく方が多いそう。プレゼントとしての購入も多いそうだ。 ■店舗展開拡大も検討中 Mask.comは今後、関東を中心に店舗を拡大予定。既に商業施設から引き合いもあるのだという。 取材で印象に残ったのは、宮野さんの「マスクは靴下や下着のような需要になっていく」という言葉だ。言われてみれば、いずれも毎日使い取り替える、清潔さが求められるもの。そして靴下や下着は様々なデザインが存在し、めいめいが好きなものを選んで楽しんでいる。 新型コロナウイルスがいつ頃収束/終息するのか分からないが、まだまだマスクの手放せない日々は続くことだろう。そんななか、デザインや機能性にこだわった自分好みのマスクを使うことで、不便さを楽しみに変えることができるはずだ。「Mask.com」で、お好みのマスクを探してみてはいかがだろうか。 <店舗の詳細> Mask.com八重洲地下街店 ・住所:東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 中一号 ・営業時間:10:00~20:00 ・店舗面積:19.07坪

編集部:小澤麻実

【関連記事】