Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

LiSAの“好きなアニソン”ベスト5 人気作彩る名曲ズラリ【#ファンに聞いてみた】

配信

オリコン

6月24日に誕生日を迎えたLiSAさん。人気アニメの主題歌を多数手掛け、そのエネルギッシュな歌声はロックシンガーとして確固たる存在感を示しています。今回は、数ある楽曲の中から、「好きなアニソン」をアンケート(※)し、TOP5をピックアップ。LiSAッ子(ファンの呼称)の熱い推しコメントとともに紹介していきます。 【動画】LiSAの“好きなアニソン”ベスト5 ランクインした楽曲MV ※一部アニメのネタバレあり ※ORICON NEWS公式Twitterアカウントにて実施 総票数:170 ■5位(10票)【ADAMAS】 ・アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』OPテーマ(2018年) 次世代型VRゲーム『ソードアート・オンライン(SAO)』の世界を舞台にした人気アニメシリーズ。ゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームに巻き込まれた主人公・キリトは、現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる――。 曲のタイトル「ADAMAS」とは、ダイヤモンドの語源にあたるギリシャ語で「征服されない」、「屈しない」という意味。シンフォニックなストリングスラインの中を貫くエッジの利いたギターサウンドと、LiSAさんのハイトーンボーカルが重なり合い、SAOの世界を彩る、渾身のロックチューンに仕上がっています。 LiSAッ子からは「力強い歌い方に惚れる」「LiSA史上最高のカッコいい曲!」と熱烈な支持を得ており、さらに作品のファンからも「SAOの中でも特に好きな曲! 力強いメロディと歌詞からSAOにぴったりです!」と熱いコメントが届きました。 ■4位(15票)【シルシ】 ・アニメ『ソードアート・オンラインII 』EDテーマ(2014年) 疾走感溢れるナンバーで作品の盛り上がりに華を添えてきたLiSAさんが、「初のバラード・シングル」と銘打ってリリースした一曲。LiSAさん自身が作詞を手掛け、物語の世界観に深く寄り添った壮大なバラード。淡い光に包まれた幻想的なミュージックビデオも見どころです。 “ロックシンガー”というこれまでのイメージとは異なる、新たな一面を発揮しています。投票では「初めて聴いた時に感動した」という声が目立ち「グッとくる歌詞とLiSAの美しい高音。本当に何回聴いてもグッとくる」、「アニソンだけど、その枠にとらわれない珠玉の1曲!」と、多くのLiSAッ子の心を打ったようです。 ■3位(22票)【だってアタシのヒーロー。】 ・アニメ『僕のヒーローアカデミア』第2期EDテーマ(2017年) 物語の主人公は、多くの人間が超常能力"個性”を持つ世界で、人々を守る職業・ヒーローになることを目標とするも、何の特異体質も持たない“無個性”な落ちこぼれ少年・緑谷出久(みどりや・いずく/通称デク)。ある日、デクが憧れてやまないNo.1ヒーロー・オールマイトと出会ったことから運命が大きく動き出し、さまざまな試練と向き合いながら最高のヒーローになるべく成長していく――。 この曲は、カラフルかつエッジなバンドサウンドとポップなメロディに乗せて、「フレーって フレーって 何度も言わせる なんていう才能?」というLiSAさん独自の応援論ともいえるようなフレーズがまっすぐに響く“応援歌ロック”となっています。 投票の中には「部活の試合前に聴いて、モチベーションを高めている」という声もあり「とにかく聴くだけで勇気をもらえる!」と、LiSAッ子たちの背中を押しているようです。「全力な応援歌。ライブでみんなと一緒に『フレー!フレー!』って歌うのが大好きです」と、ライブの定番曲としても親しまれています。 ■2位(31票)【Rising Hope】 ・アニメ『魔法科高校の劣等生』OPテーマ(2014年) 魔法が伝説やおとぎ話の産物ではなく、現実の技術として体系化された世界。“劣等生の兄”司波達也(しば・たつや)と、“優等生の妹”深雪(みゆき)が通称「魔法科高校」に入学したときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開く――。 アニメのタイアップ曲としては、LiSAさん本人が初めて作詞に関わった曲でもあります。スピード感とエッジの効いた中毒性のあるロックナンバーで、最初から最後まで息をつく暇がない展開は、作品の世界観を力強く表現しています。 今では“アニソンの歌姫”として絶大な人気を誇っているLiSAさんですが、リリース当時はデビューしてまだ3年。「LiSAちゃんを知ったきっかけの曲です!」という声も多く、古参ファンからは「なんてったってMステ初出演の名曲。元々知名度はあったが、この楽曲を機によりたくさんの人にLiSAを知ってもらえるようになったと思う。そう言った意味では存在感の大きい曲だと思います!」と熱いコメントが届きました。 1位(46票)【紅蓮華】 ・アニメ『鬼滅の刃』OPテーマ(2019年) 舞台は、大正時代の日本。炭売りの少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の穏やかな日常は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変する。妹・禰豆子(ねずこ)だけは唯一生き残ったが、彼女自身も鬼になってしまっていた。禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つため、2人が旅立つ物語――。 原作漫画は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で約4年3ヶ月にわたって連載され、テレビアニメ、劇場版、舞台公演など多方面でメディアミックスを展開。アニメ放送の影響で人気に大きく火が付き、文字通り“社会現象”を巻き起こしました。 そのブームは音楽シーンにも及び、LiSAさんは、アニメ主題歌『紅蓮華』で2019年末の『第70回NHK紅白歌合戦』に初出場。アニメ映像をバックに歌い上げた姿は、LiSAッ子のみならず、多くの視聴者にインパクトを残しました。 2019年を代表するヒットソングとなったこの曲は、YouTube上で広瀬香美さん、ポルノグラフィティ・岡野昭仁さん、まふまふさんら人気アーティストがこぞってカバー動画を公開しています。今回のアンケートでも「何度聴いても飽きない! 永遠に聴いてられる!」「LiSAさんにしか歌えない迫力感がたまらない! 歌い方も、歌う声も全てが完璧!」と、最も多くのコメントが届きました。 自身がリリースするCDをしばしば「ラブレター」と呼んでいるように、LiSAさんの紡ぐ歌詞やメロディからは「君(=ファン)に届ける」という想いが強く感じられます。これからもLiSAッ子、そしてアニメファン、音楽ファンにどのような“ラブレター”を届けてくれるのか、楽しみですね! (この記事は、Fanthology!とオリコンNewSの共同企画です。)

【関連記事】