Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バイナンス、DeFiインデックスを発表──強まるDeFi市場への資金流入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CoinDesk Japan

アメリカで成長を続けるDeFi(分散型金融)──イーサリアムブロックチェーン上でデジタルトークンとプログラムが相互接続されたシステムから構成される半自律的取引所と融資サービスなどの金融サービス──は、今年の暗号資産(仮想通貨)業界で最も注目される分野だ。 DeFiにロックされた(預け入れられた)資産は70億ドルにのぼり、年初から10倍の規模になった。 そのため今、大手の中央集権型暗号資産取引所は、DeFiトークンや新しい先物契約、あるいは他の種類のデリバティブに関連したインデックスを導入して、DeFi愛好者たちをターゲットに収益を上げる方法を模索している。 トレーダーにとって、こうしたインデックスは1つのプロジェクトに全資産を投入するのではなく、DeFi全体を売買する方法になる。

バイナンスの新商品

最新の取り組みは、世界最大の暗号資産取引所であるバイナンス(Binance)によるものだ。 同社は8月26日、バイナンス・フューチャーズ(Binance Futures)に「DeFiインデックス・パーペチュアル・コントラクト(DeFi Index Perpetual Contracts)を上場すると発表した。これはドル連動型ステーブルコインのテザー(USDT)建てで、最大50倍のレバレッジを提供する。 「このデリバティブ商品はDeFi(分散型金融)へのより大きなアクセスを可能にする」とバイナンスは発表文で述べる。果たして、この分野における人気商品となるか? 今週はじめ、暗号資産取引所のFTXは、分散型取引所ユニスワップ(Uniswap)のトップ100の流動性プールを対象にした先物インデックスを発表した。FTXはすでに6月に独自のDeFiインデックスを発表している。 「幅広いDeFi商品にアクセスしたいという顧客の需要は大きい」とFTXのサム・バンクマン-フライド(Sam Bankman-Fried)CEOは話す。

【関連記事】