Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で過去最高を記録した「アプリストア消費」。2020年後半はFortnite問題がどう響く?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

アプリ市場のデータ分析を手がけるApp Annieは8月21日、2020年上半期のモバイル市場の動向・分析データを公表した。 【全画像をみる】コロナ禍で過去最高を記録した「アプリストア消費」。2020年後半はFortnite問題がどう響く? 同データには、世界的な新型コロナウイルス感染症拡大の影響が如実に表れている。 例えば、アップルの「App Store」およびグーグルの「Google Play」といったアプリストアの合計消費支出が500億ドル(約5.2兆円)に達し、過去最高を記録した。 アプリの月間ダウンロード数も2020年3月以降に増えており、4月に12億件(アプリ+ゲーム)とピークを迎えている。 2020年上半期と2019年下半期を比べると10%増、2019年同期比では5%増と、ステイホームやロックダウンの影響が出ている。 全世界的にアプリの利用率は増加傾向にあり、App Annieではジャンル毎の分析も公表。中でも興味深いユーザー動向が垣間見えるのは「エンタテイメント」「フィンテック」「ゲーム」の3分野だ。

ユーザーはネトフリを見ながら何をしている?

ネットフリックスは2019年に世界で2番目に消費支出の高いアプリとなっているが、ステイホーム期間でさらにその存在感を増している。 とりわけ、App Annieが注目しているのはネットフリックスとの“重複利用率”……つまり、「ネットフリックスを見ながら別のアプリを使っている割合」だ。 アメリカでネットフリックスと最も一緒に使われているのは、写真系SNSの「Snapchat」。2020年第1四半期から第2四半期にかけて、とくに増加率の高いアプリは「TikTok」と「Twitch」だった(いずれもiPhoneユーザーが対象)。 このことから、App Annieでは動画ストリーミングサービスの提供企業が今後注目すべき点として「同業アプリだけでなく、他業種や他のアプリカテゴリー」も挙げている。

キャッシュレス・フィンテック系アプリは日本でも増加傾向

「コロナショック」の景気不安が広がるなかで、決済や銀行、株式などに関わるフィンテック系アプリの人気も高まっている。 App Annieではとくに創業以来初めて最終利益が50億ドルを超えた「PayPal」を例に挙げ、アメリカではとくに決済系アプリが、「フィンテック系アプリのダウンロード数」の原動力となっているとしている。 日本でもフィンテック系アプリの平均月間利用時間は、2019年第4四半期平均から2020年ピーク月の増加率は30%と、増加傾向にある。 ただし、中国、インド、ブラジルといった上位3カ国には大きく差をあけられている様子がわかる(いずれもAndroidユーザーが対象)。

【関連記事】