Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トレーニングをサポートして健康を増進する「低糖質な野菜」10選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

レースに参加する前や長距離を走った後の燃料補給に炭水化物を摂取する人は多い。炭水化物は、体が最も必要とする燃料源であり、素早くエネルギーに変わる即効性のある栄養素だから。炭水化物といえば、一番にパンやパスタが頭に思い浮かぶかもしれないけれど、食生活の重要な一部である野菜にも炭水化物が含まれているって知ってた? その内容をランナーズワールドからご紹介。 【写真】血糖値に影響しない、低糖質フルーツ&野菜 BEST10 カーボ・ローディングは、トレーニングにおいて大きな役割を果たすけれど、低糖質なオプションを選ぶほうが望ましい場合もある。例えば、トレーニングが少ない期間は、長距離を走るときほど体は多くの燃料を必要としない。 そんなときの出番となるのが、低糖質の野菜! 大半の野菜に含まれる炭水化物は、1カップあたり10g未満でありながら、多数の微量栄養素(や、食物繊維)も豊富に含んでいるため、どんな料理にもヘルシーに加えることができる。 ニューヨークの統合医療クリニック「FRESH Medicine」の創業者であり、内科と統合医療を専門とするロバート・グレアム医学博士は、低糖質な緑の葉物野菜や、アブラナ科の野菜を積極的に摂るように勧めている。これらの野菜には、食物繊維や抗酸化物質、抗炎症作用を持つ化合物が豊富に含まれている。 覚えておくべきシンプルなルール:トマトやほうれん草、ケール、ブロッコリーのような土の上で育つ野菜は、ジャガイモやパースニップ、玉ねぎ、人参のような土の下で育つ野菜より、糖質の含有量が低い傾向にある。

1. ほうれん草

(1カップあたり、糖質1.1g、食物繊維0.7g)  ビタミンA、C、Kを始めとし、ビタミンやミネラル、マグネシウム、鉄分を豊富に含むほうれん草は、スーパーフードとして長年称賛されている。これらの栄養素は全て、骨や筋肉、免疫系の健康をサポートする働きがる。好きな野菜やフルーツと一緒にほうれん草をオリーブオイルとニンニクで炒めて、メイン料理の付け合わせ(ジャガイモやご飯の代わりに)にしたり、普段のスクランブルエッグにほうれん草とトマトを加えれば、より健康的でボリュームのある朝食に。

【関連記事】