Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中日のA・マルティネスが意気込み

配信

サンケイスポーツ

 中日は1日、育成のアリエル・マルティネス捕手(24)と支配下契約を結んだ。背番号は「57」、年俸は1500万円(推定)。  来日3年目のA・マルティネスは「この2年間、本当に支配下になりたいということで一生懸命頑張ってきたけど、第一の目標はこうして達成できた。今後もっともっと努力して、もっともっとチームの役に立てるようないい選手になりたい」と喜びを語った。  2軍では今季、2試合に出場して打率・571(7打数4安打)、1本塁打、2打点と結果を残し、守備でも二盗を阻止するなど攻守にわたってアピールを続けていた。  キューバ出身で、ソフトバンクのデスパイネ、元巨人のセペダらを参考にしている。特にソフトバンクのグラシアルは、かつてのチームメート。ウエートトレーニングや練習方法などは直接アドバイスをもらうなど刺激を受けている。  「本当に一生懸命やる(人)。日本で成功するための練習態度とか、そういうことも学ばせてもらった。すごく刺激を受けている」と話した。  与田監督は支配下登録の決め手について「まずバッティングであり、日本人投手との捕手としてのコミュニケーション、そういうところが問題ないと。そしてレベルアップしているというところが一番」と説明。2軍では一塁で起用されたこともあるなかで「絶対これしか使わないとか、起用方法に制限はない」と語った。  登録即昇格は見送られたが、会見前はナゴヤドームのグラウンドに姿を見せ、1軍の選手と同じように打撃練習も行っていた。

【関連記事】