Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤングマシン歴代実測加速タイムベストテン〈ゼロヨン編〉

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

※過去の『ヤングマシン』実測テストからデータを集計(主に日本自動車研究所の高速周回路で測定)。 [関連写真×8枚]ヤングマシン歴代実測ゼロヨンランキング【新型CBR1000RR-R強し】

停止状態から400mまでの加速タイムを競うゼロヨン。この距離で行うドラッグレースも多く、市販車で10秒台は相当なダッシュ力と言える。もう少しで夢の9秒台に突入しそうなのが超新星のCBR1000RR-R。YZF-R1の記録を破り、歴代1位に君臨した。他にもスプリントの速さを追求したリッタースーパースポーツが圏内に多数名を連ねている。

第1位[10.088秒]ホンダ CBR1000RR-R(’20):軽やかに回転し加速が途切れない

〈写真1〉ホンダ入魂の新作スーパースポーツが記録更新。低回転から軽くスムーズに回り、2~4速あたりのシフトアップ時にも加速の落ち込みが少ないのがタイムに貢献した。テストは公道仕様と同スペックのレースベース車で実施。路面の状態が良ければ、10秒切りもイケそうだ。

第2位[10.166秒]ヤマハ YZF-R1M(’17)

〈写真2〉脈動感のある低回転域から、V4的にフラットな伸びを見せるクロスプレーン直4が瞬発力に直結。’17年のテストから首位を堅持していた。

第3位[10.232秒]BMW S1000RR(’18)

〈写真3〉’09のデビューから熟成し続けた199psの先代がこの順位に。’20現行型の計測時は路面温度が低く、結果は10.452秒。ぜひ再測定したい。

第4位[10.261秒]スズキ GSX-R1000R(’17)

〈写真4〉’17で6代目に新生。国内仕様は197psを発揮する。国産唯一の可変バルブ機構を備え、発進から谷のないトルクバンドで一気に駆け抜けた(※国内仕様リミッターカット車)。

ゼロヨン加速ベストテン

※過去の『ヤングマシン』実測テストからデータを集計(主に日本自動車研究所の高速周回路で測定)。 1位〈10.088秒〉ホンダ CBR1000RR-R(’20) 2位〈10.166秒〉ヤマハ YZF-R1M(’17) 3位〈10.232秒〉BMW S1000RR(’18) 4位〈10.261秒*〉スズキ GSX-R1000R(’17) 5位〈10.331秒〉カワサキ Ninja ZX-14R(’15) 6位〈10.390秒〉スズキ ハヤブサ1300(’11) 7位〈10.436秒*〉ホンダ CBR1000RR SP(’17) 8位〈10.452秒〉BMW S1000RR Mパッケージ(’20) 9位〈10.552秒〉カワサキ Ninja ZX-10RR(’17) 10位〈10.702秒〉カワサキ Ninja H2(’18) *=国内仕様リミッターカット車

────────── ※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン編集部

【関連記事】