Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『SAO』が描く“人間とAIの関係性” アリシゼーション編は作品テーマを深化させたものに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 7月より放送中の『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』(以下、『SAO』)の2ndクールは現在佳境を迎えている。長らく待ちわびていたキリトが復活を遂げ、人界軍とダークテリトリー軍の壮絶な戦いもいよいよ大詰めだ。  現在放送されているアリシゼーション編は、アリスと称される「AI」を巡って、様々な思惑が入り乱れながら物語が進んでいる。そのなかで、キリトたち人間がAIとどう向き合うかという問いがひとつのテーマとして浮かび上がってくる。『SAO』ではこれまで人間とAIの関係はどう描かれ、どう変化していったのだろうか。  まずはシリーズを通して、これまでAIがどう描かれたのかということを振り返ってみたい。『SAO』第1期のアインクラッド編では、ユイが人工知能を有した存在としてキリトたちの前に現れる。ユイはSAOサーバーのメインシステムである「カーディナル」のメンタルヘルスカウンセリングプログラムとして設計されたというものだった。  劇場版『オーディナル・スケール』では黒ユナ、白ユナと呼ばれる2種類のユナがAIとして登場。劇中でARアイドルとして登場する黒ユナはSAO生還者が持つ重村悠那の記憶を収集するために作られたデータ収集用AIとして、白ユナはSAO生還者の記憶から生成された「デジタルゴースト」として高度な言語化モジュールが用いられ、ユイ同様高度な人工知能として描かれていた。  アリシゼーション編以前の人工知能の特徴としてトップダウン型AIと呼ばれる、いわゆる一般的に認知されているAIのアプローチの型として描かれていた。つまりはプログラムに人間の知識を学習させて、高度な知能を身につけさせるという方法だ。劇中でもキリトたちと行動をともにしたユイが、日に日に知能を蓄積していき人間と遜色ないほどの知能を有するまでになったのもそのためだ。  本編をざっとおさらいしておくと、通信ネットワーク内仮想空間管理課の職員としてキリトに便宜を図っていた菊岡誠二郎の本当の正体が、AIを無人兵器に軍事転用するための極秘計画プロジェクト・アリシゼーションを遂行する「ラース」の最高責任者であることが明らかになる。キリトが送り込まれた仮想空間「アンダーワールド」は、新生児の魂を用いていちから育て上げ、高度な人工知能を持ったアリスと呼ばれる極めて高度なAIを生み出す、いわば文明シミュレーションのための仮想世界であった。  ここではボトムアップ型AIが人間の脳の構造そのものを人工的に再現することで、知性を発生させるという、簡単にいってしまえばトップダウン型とは真逆のアプローチ方法がとられた人工知能として描かれている。キリトが「アンダーワールド」に送り込まれると、現実と虚構との区別が曖昧になるほどその差異は認識することができなかったという状況からも人間に近しい高度な人工知能が生まれつつあることを示している。それはつまり、現実世界と同様の文明が仮想空間内で築かれている、ということを意味していた。  さらに本編では、VRマシン「ソウル・トランスレーター」(以下、STL)が新たに登場し、物語のキーとして描かれる。フラクトライトと呼ばれる人間の魂とされる光の集合体に直接アクセスすることができ、人間の感覚や映像情報を出力するため、当人は目の前の世界が現実か虚構かの区別をすることは難しい。この点においてVR機器から脳にデータを送るナーヴギアやアミュスフィアとは決定的に違っている。この技術は同作者原作の『アクセル・ワールド』に登場する量子接続通信端末「ニューロリンカー」と技術的な共通点が指摘されている点も興味深い。  『SAO』では現実と虚構を等価値として捉えているキリトたちが、現実と虚構を往来するなかで、それぞれの生き方を模索していくというストーリーが描かれてきた。アインクラッド編で出会ったアスナとは現実世界においても変わらない関係性を続けており、ファントム・バレット編ではシノンがキリトと出会い、壮絶な過去を乗り越えていく過程があった。そこではキリトたちが現実と虚構の区別をしていないことを十分に感じさせるものだった。  前述のようにアリシゼーション編においては、さらに現実と虚構の境界線を曖昧にする。そこで立ち現れるのが、人間とAIの関係である。キリトは「アンダーワールド」で生まれ育ったAI・ユージオとともに「セントラル・カセドラル」を目指す道のりを通して親交を深め、協力してシステム管理者・アドミニストレータを倒すことに成功する。しかしその過程でユージオが命を落としてしまう。苦楽をともにしてきた相棒の死によって自己否定に陥ったキリトは、同時に現実世界で起こったオーシャンタートル襲撃によってフラクトライトに異常をきたして精神崩壊を起こす。  このことからも、キリトはアンダーワールド住人をAIとは認識しているものの、目の前の存在(ユージオ)を人間ともAIとも区別はしていないことを示している。アインクラッド編では、月夜の黒猫団のメンバーであるサチを亡くしたことで、現在までトラウマを抱えているキリトの葛藤が描写されているが、ここでは仮想世界という舞台は共通するも、その背景には現実世界の人間がプレイヤーとして存在し、仮想世界の死が現実世界の死を意味するという前提があってのことだった。アリシゼーション編ではそれがAIであろうと現実と虚構の区別なく目の前にあるものをリアルとしてきたという意味で『SAO』のこれまでの描かれ方と同じである。  また、興味深いのは『SAO』第4クールの13話でリーファが、イウムを憎悪していた暗黒界側として敵対していたオーク族の長・リルピリンに対して、「だって貴方、人間でしょ?」とあたかも当然のように言葉を投げかけるシーンだ。アンダーワールドにログインした時点で、リーファはフラクトライトのコピーであることを知っていたとはいえ、人間と同様に接する態度は、未来への共生の可能性を感じさせるものだった。  一方で、現実世界と仮想世界を等価値に置いている彼らとは違い、菊岡らラース側の人間はAIに対する価値観の相違を露わにしている。ここでAIを人として扱うかどうかという問題提起が視聴者にも問いかけられている。VRMMOプレイヤーのようにAIを人間と同価値の存在として認識するのか、菊岡のようにAIを軍事利用のための兵器と捉えるのか……。AIの技術が発展していくにつれて、次第に現実的に引き起こされうる問題をも示唆していて興味深い。  このように人間と差異のないボトムアップ型との関係をキリトたちの物語としてフィクション的に描きつつも、「AIに人権はあるのか」という深い問いを私たちへ語りかけてくれる作品でもあるのだ。  第17話では『オーディナル・スケール』に登場したエイジとユナが、アニメオリジナル展開として登場し集大成を予感させるものとなっていたが、まさしく集大成にふさわしいアリシゼーション編が美麗なアニメーションでどう描かれるのか期待したい。

川崎龍也

【関連記事】