Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「強い」台風14号、大東島は今夜から暴風の恐れ 進路に注意を【10月7日午後5時】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
琉球新報

 沖縄気象台によると、台風14号は「強い台風」となり、7日午後3時現在、南大東島の東約380キロにあって1時間に約20キロの速さで西北西に進んでいる。今後、発達しながら北西に進み、大東島地方は7日夜のはじめ頃から非常に強い風が吹く見込みで、8日明け方に最も接近する見込み。高波への警戒や強風への注意を呼び掛けている。台風の進路によっては大東島地方では7日から8日にかけて暴風となる恐れがある。  7日午前の時点では大東島地方は7日夜遅くに暴風警報が発表される見通しだったが、午後4時半の予想では暴風域に入らない可能性も出てきた。  台風14号は7日午後3時現在、中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径95キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。  予想される風の強さは、大東島地方で7日に最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートル、8日に最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートル。沖縄本島地方で7日に最大風速15メートル、最大瞬間風速25メートル、8日に最大風速17メートル、最大瞬間風速30メートル。  波の高さは、大東島地方は8日にかけて8メートル、沖縄本島地方は8日にかけて5~6メートルで、いずれもうねりを伴う予想となっている。 【琉球新報電子版】

琉球新報社

【関連記事】