Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安楽死議論の先送りが招いた嘱託殺人 法で守られる国ベルギーから見た日本

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 京都のALS患者を「安楽死させた」とされる医師2人が、嘱託殺人容疑で逮捕,、起訴されるという事件が起きた。相模原津久井やまゆり園で植松聖が多くの障害者を「安楽死させた」事件から4年目を迎えた7月終わりのことだ。事件に対し、障害者や病者の生命を軽んじ、優生思想を是認しかねないと強い抗議の声があがっている。だが、立ち止まって考えてほしい。悪いのは安楽死なのか。高齢化が進み、医学が急速に進歩した今、問題は「尊厳ある生命の終わり方」を正面から議論してこなかったことなのではないか。それが安楽死を装った殺人やビジネスを許しているのではないかと。(ジャーナリスト=佐々木田鶴)  ▽「安楽死」はさせるものではない  筆者は、世界ではまだ数少ない安楽死が合法化された国、ベルギーに住む。2003年に施行された法に定められる安楽死は、本人の明確な死の意志を、医師が致死量の薬物を投与することで執行するので、形式上は今回の事件に似ているように見える。だが、根本的に異なるのは、安楽死は「させる」のではなく、自らが「する」行為である点だ。長い議論の末に、「個人の死の意志」を中心に据え、法律や制度が極めて慎重に整備されている。

 安楽死とは「本人の意志」による死の実行であり、薬局で致死量の薬物を買うのはあくまで本人。宗教や哲学や心理学の専門家、家族や友人や医師と慎重な話し合いを重ねても、最後に決断するのは、入念に、何度も客観的に、そして包摂的に確認された本人の意志でなければならない。  ベルギーの安楽死の第一人者である医師のウィム・ディステルマンス氏に、今回の事件について問いかけてみた。ディステルマンス氏は、腫瘍学および緩和医療の専門医で、ベルギー連邦政府の安楽死監督・評価委員会の議長を務める。19年10月22日、車いすの元陸上選手マリーケ・フェルフールトさん(享年40歳)の安楽死を執行したことで世界にも知られるようになった。マリーケさんは「安楽死にふたをせず、きちんと議論してほしい」と訴え続けて「その時」を自分の意志で決めた。  「ALSのように、予後の厳しい重篤な疾患で、現代の医学では決定的な治療薬がない病は少なくない。でも、少しでも長く人間らしく生きたいか、もう生きられないとギブアップするかは、本人の意志であると私達は考えます。医師が決めるのでもなく、聖職者やまわりの人が『生きるべきだ』『生きろ』と指図するものでもない」。ディステルマンス氏は、こう話し始めた。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS