Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4児のママ! 仕事と育児を両立して、成長し続ける秘訣とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

上は大学生、下は小学生まで4人の子どもを育てながら、おもてなしデザインプラットフォームSprocket(スプロケット)のコンサルタントとして活躍する大野陽子氏。過去には夫の転勤による退職・引っ越しがありながらも、細々とでも仕事を続けて、自ら学びながらスキルを身に付けてきた。

時には先が見えなくて迷ったこともあるというが、どのようにキャリアを重ねてきたのだろうか。取材にあたって自らのキャリア変遷の図解を用意してくれた大野氏。参照しながらお話をうかがった。 Webが一般に普及してすでに20年以上が経つが、未だにWeb業界のキャリアモデル、組織的な人材育成方式は確立していない。組織の枠を越えてロールモデルを発見し、人材育成の方式を学べたら、という思いから本連載の企画がスタートした。連載では、Web業界で働くさまざまな人にスポットをあて、そのキャリアや組織の人材育成について話を聞いていく。  

営業事務として入社したのに、販売管理システムを独自開発!

林: まずはWebに触れたきっかけから教えてください。 大野: 高校生の時に学校でPCに触れたことがありました。高校3年のとき家にPCが導入されて、ダイヤルアップでインターネットに接続するようになりました。このときは、おもしろいな程度で、Webに関わる仕事をするとは思っていませんでした。本格的に触れるようになったのは、社会人になってPCを購入してからです。この連載にも登場していた林雄司さん※の「webやぎの目」が大好きでよく読んでいました。その後、PCを自作したり、サーバー構築したりするようになり、自分でも日記を公開していました。 ・デイリーポータルZは万年赤字!? 編集長・林さんがサラリーマンを続ける理由  林: 社会人1社目がエンジニアだったんですか? 大野: いいえ。大学が家政学部食物学科だったので、食品原料メーカーに営業事務として入社しました。ただ、会社の外でネットワークやプログラムの勉強をしていて、会社でも小さな販売管理システムをAccess(アクセス)とVBA(ブイビーエー)を使って構築したことがありました。 林: 勉強はどういう形でやっていたのですか? 大野: 書籍で学んだり、ネットワークエンジニアのスクールに通ったりですね。 林: 販売管理システムはどういう経緯で作ることになったのですか?