Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「水害、予測可能」危険性どう伝えるか~兵庫県・高潮シミュレーション 地震学研究者はどう見る?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 兵庫県が、播磨・淡路地域の想定し得る最大規模の高潮浸水想定区域図を公表した。とりわけ播磨沿岸(明石市~赤穂市)で発生した場合、対象の8市町のうち明石市を除く7市町で浸水が最大5メートル以上になるという。  日本地震学会・会員として地質や地震の研究を続ける、元小・中学教師の西影裕一さんは姫路市在住。山崎断層帯の調査結果を冊子にまとめ、防災関連の講演も精力的に行っている。西影さんは「水害と地震とが異なる点は、水害は気象予報によって、ある程度予測ができることだ」と指摘する。具体的にどう備えるべきなのか聞いた。 「私は地震を研究しているが、どちらも大きな被害を伴う自然災害という点から関心が高い。それは、被害者を少しでも減らしたいという願いは地震でも水害でも同じだからである。  5メートルの高潮被害想定には正直、驚いた。南海トラフ巨大地震が起きると、播磨の海岸は3メートルの津波が想定されているが最大の5メートルとなるとさらに内陸に入り浸水範囲が広がることになる。  兵庫で起きた水害では、2004年(平成16年)台風23号による豊岡市、2009年(平成21年)台風9号による佐用町へ災害救助ボランティアに出向いた。2018年(平成30年)の台風21号による宍粟市一宮町、波賀町の水害では調査を行ったが、そのときの惨状は今でもはっきりと覚えている。水に対する恐怖は高潮でも洪水でも同じであろう」  そして「何年かに1度の災害で命が危険にさらされる可能性があると示したのであれば、市民に危険をどう伝え、どのように避難するかを具体的に考える必要がある。特に子どもや高齢者、障害を持った方などに向けて『避難するタイミングは?どのルートで、どこへ、誰と避難するか?』など地域の役割をどのように生かすのか考えるべき。個人任せではいけない」と警鐘を鳴らす。  また「被害を最小限にとどめるためには防災への知識が必要である。『自分の命は自分で守る』という努力をしなければならない。ごく基本的なことだが、見落としがちなことばかりである」と以下の例を挙げた。 ●時間(余裕)があるときは北へ逃げる。時間がないときは3階以上あるマンションやビルに避難する。オートロックのマンションへの対応も考えておくこと。ここで言う「北に逃げる」とは、標高の高い所に行く、ということ。浸水すると水が引くまで動けない。高潮が来ない場所へ避難することで他の場所へ移動するのが容易になる。東西に移動してはダメ。高潮は津波と同じ。津波だと避難方法を考えるが、高潮だと気を緩めてしまうのは言語道断。どちらも同じ脅威だということを肝に命じてほしい。 ●自宅の周りに高い建物はないか見つけてほしい。 ●グラウンドがある小学校のように、どの避難所へ行けばいいか知っておくこと。予定している避難所に行けないときは、一次的に避難ができる場所を確認。 ●2018年に行った水害調査では高齢者ほど対応が遅かったという結果が出ている。近隣にお住まいの高齢者にも目を配ってほしい。 ●避難所のコロナ対策も考えておくこと。

ラジオ関西

【関連記事】