Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キング・カズと立ち話 のぼせ上って“ツーショット”写真を撮らずに後悔【六川亨のフットボール縦横無尽】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【六川亨のフットボール縦横無尽】キング・カズ編  J1の最年長出場記録を大幅に塗り替えた横浜FCの三浦知良はニックネームの通り、所属していた東京V、京都、神戸でも「キング」だった。試合後に記者が待ち構えている取材エリアのミックスゾーンに姿を現すのは、いつも最後。にも関わらず、マスコミ各社はカズのコメントを取ろうと誰も場所を離れない。試合に勝とうが負けようが、ゴールしたかどうかに関係なく、カズのコメントは必要不可欠。もはや試合を超越した存在とも言える。 ■キングと試合会場で会話することは不可能  キングゆえに試合会場でカズと個人的に話をすることは、まず不可能だ。カズといつ会話を交わしたのか、思い起こすと6年前にさかのぼる。2014年6月13日、ブラジルW杯の取材でサンパウロに滞在していた時のことだ。日本代表のキャンプ地であるイトゥーから前日に移動し、グアルーリョス空港8時40分発の飛行機で日本の初戦が行われるレシフェへ移動した。  当時のサムライブルーは、就任直後の2011年にアジア杯で優勝したザッケローニ監督の総決算として期待を集めていた。しかし、その反面、キャプテンの長谷部とエースの本田が、ケガの回復途上にあって本大会に間に合うかどうか、不安視されていた。サンパウロからレシフェまでの距離は約2111キロ。時間にして3時間弱のフライトだ。安定飛行に入り、シートベルトの着脱アナウンスが流れてしばらくすると、前方から鍛えられた体躯の男性が歩いてきた。「まさか」と思ったが、それがカズだった。  トイレに向かっていたのだろうが、筆者に気付くと立ち止まり、互いに通路に立って文字通りの「立ち話」だ。話題はもちろん、日本の初戦のコートジボワール戦についてだったが、カズがサッカー選手としてのキャリアをスタートさせたブラジルで、それもW杯の期間中に会えたのは、まさに僥倖としか思えなかった。  ツーショット写真を撮らなかったのは、一般のファンではなく、記者という職業意識が働いたからではなく、すっかりのぼせ上がっていたことに加え、当時はまだスマホの自撮りが流行っていなかったからだろう。残念でならない。 ■初めて取材したのは90年8月  カズを初めて取材したのは、彼が日本に帰国して読売クラブ(現東京V)の一員となり、1990年8月5日に静岡県浜松市で行われたPJMフューチャーズとの試合だった(第4回PJMカップ)。この試合が、カズの日本でのデビュー戦でもある。  ちなみにフューチャーズというのは1987年に静岡県浜松市に誕生したクラブで、一番下部リーグの静岡県西部3部リーグからスタートすると公式戦91連勝を飾り、1993年にはJFL(Jリーグの下部リーグ)2部まで昇格した。桑原監督(元本田技研監督)は、02年W杯に日本代表選手を送り出すことを目標にクラブを創設。当然Jリーグ入りを目指し、あのディエゴ・マラドーナの獲得にも動いたことで話題を集めたことがある。  しかし、静岡県にはすでに清水と磐田の2チームがJリーグ入りを表明しており、加えて浜松市をホームにするフューチャーズと藤枝市をホームにする中央防犯FC藤枝ブルックスもプロ化に動いていた。いくらサッカー王国・静岡とはいえ、1県で4チームもJリーグ入りが認められるわけがない。  このためフューチャーズは佐賀県へ(現サガン鳥栖)、ブルックスは福岡県(現アビスパ福岡)にホームタウンを移すことになるのだがーー。  試合は、フューチャーズのホームグラウンドである佐鳴湖サッカー場で行われ、加入したばかりのカズは背番号24で登場した(代名詞と言える「11」は武田修宏)。4-1の勝利に貢献すると8月下旬の第15回JSLカップで公式戦デビューを飾り、9月には横山ジャパンの日本代表にもラモス瑠偉と同時に招集され、北京でのアジア大会で初めて日の丸をつけて戦った。  フューチャーズ戦後、グラウンドから引き上げてきたカズとヤスの三浦兄弟に声をかけ、長椅子に腰掛けて即席インタビューを行った。この試合を取材ために東京から訪れたのは筆者だけ。気兼ねすることなく、話を聞くことができた。  ブラジルでの生活、日本サッカーの印象、将来の夢など多岐に渡って話を聞いた。ただ、まだ1試合だけだし、それも相手は静岡県2部リーグ(当時)のチームだったし、あまり多くは語らなかった印象の方が強い。  その後、10月に開幕した日本リーグでもカズは左ウイング(当時のフォーメーションは4-3-3が多かった)でプレーしたが、当時の読売クラブの選手たちは、意図的にカズへパスを出さなかった。 ■話題先行の“新参者”と思われていたカズ  話題先行の「新参者」と思われていたからなのか、実力が未知数の選手にパスを出すよりも、気心の知れた「仲間内」でパスを回していた印象が強く残っている。  当時の読売クラブが凄かったのは、それでも試合に勝ってしまうことだった。そしてカズは、ストライカーとして覚醒する。「ブラジルではアシストも評価されるけど、日本では点を取った選手しかクローズアップされない」ことを知ったからだ。  自戒を込めて言うと、当時の日本のサッカーメディアの理解度も低かったのかも知れない。  読売クラブは4年ぶり4度目のリーグ優勝を決め、得点王は戸塚が10ゴール(22試合)が獲得した(他に日産のレナトと本田の北澤)。2位には9点で武田が続いた。カズは3ゴールにとどまったものの、翌年の最後の日本リーグでは6ゴールを、そして1993年に開幕したJリーグでは、日本人トップとなる20ゴールを決めるなど勝負強さを発揮し、初代のMVPを獲得したのだった。 =つづく (六川亨/サッカージャーナリスト)

【関連記事】