Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西野七瀬『アンサング・シンデレラ』スピンオフで主演「一緒に成長したい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 西野七瀬が主演を務めるドラマ『アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY ~新人薬剤師 相原くるみ~』がFODで独占配信されることが決まった。8月27日午後10時54分から5週にわたり全5話で届けられる。  現在出演中のフジテレビ系ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』のスピンオフ。西野七瀬演じる相原くるみを主人公に、地上波ドラマのレギュラーメンバーであり同じ薬剤部の刈谷奈緒子(桜井ユキ)、羽倉龍之介(井之脇海)、工藤虹子(金澤美穂)も出演予定だ。  くるみの葛藤と成長を描く今作の主演を務める西野は、「くるみの成長と一緒に、わたし自身も成長していけたらいいなぁと思っています」と意気込む。  また、今作のメーンキャラクターであり、入院中のイケメン高校生、織原未輝斗を一ノ瀬颯が、同じく入院中の女子高生、長谷川愛里を出口夏希が演じることが決定した。  スピンオフドラマは入院中の高校生男女との交流を通じて、くるみが薬剤師として成長していく様を描くストーリー。萬津総合病院に着任した当初こそ「向いてなかったら辞めようと思ってます」ときっぱり言い切るくるみだったが、先輩のみどりの背中を追いかけるうちに、病院薬剤師の仕事にやりがいを感じるようになっていく。そんなある日、重い病を抱え入院中の高校生、未輝斗(一ノ瀬颯)と愛里(出口夏希)と出会う。二人には、ある願い事があって…。その願いを叶えてあげようと、くるみは、薬剤師の立場を越えて向き合っていく。  なお、一ノ瀬颯、出口夏希は27日放送の地上波ドラマ第7話にも登場する。 ■西野七瀬コメント  FODで新たに『アンサング・シンデレラ』のお話を作っていただき、くるみの成長物語として参加できることがうれしいです。くるみは自分の中でも少しずつ成長していっているつもりだけど、まだまだうまくいかないことも出てきたり、新たな壁にぶつかったりして、今作ではそれをまた一歩乗り越えていくような姿が描かれています。くるみの成長と一緒に、わたし自身も成長していけたらいいなぁと思っていますので、ぜひご覧いただけたらと思います。 ■プロデュース・宮崎暖(フジテレビ第一制作室)  西野七瀬さん演じる相原くるみは、可愛い外見の中に、冷めているようにすら思える現実主義と、新人としての未熟さが混在する、人間味あふれる魅力的なキャラクターです。そんなくるみを主人公に『アンサング・シンデレラ』のスピンオフドラマを“今、この時に”制作する意義を考えた際に自(おの)ずと浮かんできたのは、 “誰かのために” 頑張っている医療従事者の方々の姿でした。そして、その中にはきっとたくさんの“相原くるみ”もいるんだろう、と想像しました。”くるみなら、今、どう考えるだろう“、“見返りを求めず誰かのために頑張るなんて自分に出来るのだろうか”、“本当の優しさってなんだろう”、と思いを巡らせていくうちに、物語が膨らんでいきました。このドラマは、新人薬剤師・相原くるみが、未輝斗と愛里という若き二人の患者の儚(はかな)き思いに触れながら、医療従事者と患者の“境界線”に葛藤し、失敗し、そして成長していく物語です。『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』をご覧いただいている方に、一味違うアナザーストーリーとしてもう一つの感動をお届けし、このドラマも誰かのためになれたらいいな、と思います。サスペンスあり、胸キュンあり、涙ありとてんこ盛りな内容ですので、ご期待ください!

【関連記事】