Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

österreichが遂に本格始動、新作『四肢』全曲解説&制作を語り尽くす

配信

Rolling Stone Japan

高橋國光によるソロプロジェクトösterreich(読み:オストライヒ)が遂に本格始動。昨年10月に行われた初ライブのメンバーでもある飯田瑞規(cinema staff)、三島想平(cinema staff/peelingwards)、鎌野愛、佐藤航(Gecko&Tokage Parade)、GOTO(DALLJUB STEP CLUB)、須原杏をレコーディングに迎え、4曲入りの『四肢』(CD盤にはCD盤先行収録の「ずっととおくえ」を含む5曲を収録)を完成させた。 【写真】österreichと新作『四肢』(3点) österreichのデビューからは5年、the cabsとしてのデビューからは10年近くが経ち、シーンは大きく移り変わったが、それでも強い記名性と普遍性を感じさせる高橋國光の楽曲。その音楽的な成り立ちと、下の世代への影響力を紐解きながら、「ポップス」を志向する彼の現在地に迫った。 『東京喰種』が終わったときに、「もうやめてもいい」くらいの気持ちでいた ―これまでに発表した2枚のシングル、『無能』と『楽園の君』はどちらもTVアニメ『東京喰種』の主題歌で、作者の石田スイさんとの関係性ありきでのリリースでしたよね。タイアップが付かないのは今回の『四肢』が初めてで、新しいマネジメントとともにリスタートとなるわけですが、昨年1年でどのような心境の変化があったのでしょうか? 高橋:『東京喰種』に関しては、確かに「石田が言ってくれたからやろうかな」っていう気持ちで。ここ5~6年は、「音楽をやりたい」って気持ちより、「言われたからやる」とか「彼のためにやる」とか、そういう側面が強くて。 そういう中で、毎回ほぼ同じスタッフとかメンバーでやらせてもらってきて、「ちゃんと腰を据えてやってみたら?」って言われてたんですけど、毎回はぐらかしてきたんです。で、『東京喰種』が終わったときに、僕の中でもひと段落ついたから、「もうやめてもいい」くらいの気持ちでいたんですけど、「楽園の君」のアコースティックバージョンを作ることになって。 ―昨年リリースされた『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』のためですよね。 高橋:終わった気持ちでいたところに、それが入ってきちゃって、すっごいやりたくなかったんですよ。でも、やるしかなかったんで、ギリギリで仕上げて。そうなると「終わったけど、結局やってるな」みたいな感じもあったし、レコーディングの帰りに、お世話になってるエンジニアさんに「お前は絶対に音楽をやった方がいい」って、今までにないくらい熱めに言われて。そこで心境の変化もあったし、「嫌だな」って思ってたレコーディングも、やってみたら楽しかったんですよね。 なので、一人でももうちょっと音楽やってみようかなと思ったタイミングで、いろんなところから話が来たんです。今所属してる会社から「アイドルの曲を作ってくれ」とか、cinema staffから「共作しよう」とか。中でも決定的だったのがTKさんとのライブ。なので、去年1年はなにも考えずに、頼まれたら全部やるっていうスタンスで走り始めた感じです。 ―やっぱり初ライブと、シネマとの共作、ツアーへの参加は大きかったですよね。 高橋:でも根本的には、俺の音楽に対しての熱量って、昔に比べると絶対落ちてると思うんですよ。歳取ったらみんなそうだと思うんですけど、初期衝動みたいなものはもうない。それをヒシヒシと感じてたから、その中でどうやって続けていくんだろうっていうのは去年1年ずっと考えて……人がいるからできるんだなっていうのはデカかったです。 バンドをやってるような空気がずっとあって、すごく楽しくて。 ―國光くんのnoteには、「今のösterreichはバンド」という記述もありますよね。 高橋:ライブのためにメンバーを集めるってなったときに、近しい人が多くなって、スタジオ入っても仕事仕事してないっていうか。バンドをやってるような空気がずっとあって、すごく楽しくて。ライブをやったときの達成感みたいなのも、「俺一人でやった」というより「みんなでやった」って気持ちが強くて、言ったら、文化祭みたいな感じっていうか。こういうのしばらく味わってなかったなって。その過程で、みんなで曲を作り上げたのもあるし、一人じゃなにもできない、バンドなんだなって体感しました。 ―その過程で、音楽に対する熱量も取り戻していった? 高橋:いや、音楽は全然楽しくないんですけどね(笑)。局所的にすごく楽しい瞬間はあるんですけど、本質的なところで、音楽をすごく楽しめてるかっていうと、これは昔からですけど、そこまでなんですよ。死ぬほど楽しいって思うときもあれば、二度とやりたくねえって思うこともある。「じゃあ、なんでやってんだろう?」って考えると、上手く説明できなかったりもして……なんでなんですかね?

【関連記事】