Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

商品購入時に重視するのは「価格」で9割。「買い物しやすい場所」「接客態度」が急増【メルカリの調査】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ネットショップ担当者フォーラム

メルカリが実施した「フリマアプリ利用者」「非利用者」「2020年4月~5月の緊急事態宣言中にフリマアプリを利用し始めた人」への消費行動調査によると、商品購入時に重視することでは「買い物しやすい場所であること」「接客態度」が2019年と比較して大幅に増加した。 また、中古品の購入・使用への抵抗感が8.4ポイント増加し、中古品の購入機会は5.5ポイント減少した。一方で「不要品を売る」傾向も利用者・非利用者ともに約4ポイント増えた。  

「買い物しやすい場所」が重視される傾向に

フリマアプリ利用者・非利用者へ商品購入時に重要視している点を聞いたところ、1位は2021年と同様の「価格」(89.3%)だった。 2019年比で最も増えた項目は「買い物しやすい場所であること」(41.7%)で、20.4ポイントの増加。次いで「接客態度」(24.6%)が14.0ポイント増、「新品であること」(39.4%)がプラス12.0ポイント増だった。 「買い物しやすい場所」が増加したことについて、メルカリは「新型コロナウイルスの感染拡大防止によって、移動が制限された今年ならではの特徴ではないか」と分析した。  

中古品の購入・使用に「抵抗ある」が増加

中古品の使用・購入について抵抗があるか聞いたところ、「抵抗がある」と回答した人は52.9%で、2019年と比べて8.4ポイント増加した。 さらに、過去2~3年間で中古品の購入機会が増えたか聞いたところ、32%の人が「増えた」と回答。2019年と比べると5.5ポイント減少した。  

利用者・非利用者ともに「不要品を売る」意向が増える

フリマアプリ利用者にまだ使える不要品の扱いを聞いたところ、「まだ使えるが不要になったモノは売る」と回答した人は79.8%で、2019年比で4.2ポイント増加した。 フリマアプリ非利用者に対しても同じ質問をしたところ、「まだ使えるが不要になったモノは売る」と回答した人は45.0%で、約4.0ポイント増えた。  

「自分にとって良いモノを持ちたい」意向強まる

モノや消費に対する意識について調査した結果、86.0%の人が「他人からどう思われても自分がよいと思うモノを買いたい」と回答し、2019年より9.8ポイント増えた。次いで「良質なモノだけを持ちたい」が76.4%で、8.8ポイント増。 この結果についてメルカリは次のように分析した。 ┌────────── 「自分にとって良いと思う、良いモノを持ちたい」という意向が2019年より高まっている背景には、コロナ禍において「エッセンシャルなモノを選んでいく」という消費意識が現れているのではないだろうか。 └──────────