Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

戦後75年、第二次世界大戦を振り返る映画10選~洋画編~

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 8月15日に戦後75年を迎える日本。戦争経験者も少なくなり、今後、戦争を描いた映画の果たす役割はより大きくなっていくだろう。9月11日にはローランド・エメリッヒ監督の『ミッドウェイ』も公開されるが、戦争映画を鑑賞する際には、一方向だけの視点にとらわれないようにしたい。第二次世界大戦を題材にした映画は数多くあるが、特に名作と名高い作品と話題作10本をピックアップする。(文・磯部正和) 【写真】日本軍の捕虜役のアレック・ギネス

『戦場にかける橋』(1957)

 巨匠デヴィッド・リーン監督が、第二次世界大戦下のビルマとタイの国境近くにあった捕虜収容所を舞台に、日本軍の斉藤大佐(早川雪洲)、イギリス軍のニコルソン大佐(アレック・ギネス)、アメリカ軍のシアーズ中佐(ウィリアム・ホールデン)らの対立や交流を描いた物語。戦争映画ではあるが、激しい戦闘シーンはない。しかし、登場人物の考え方や人間としてのプライド、そしてポップな「クワイ河マーチ」からの衝撃的なラストは何度観ても、戦争やそれを引き起こす人間の愚かさを痛烈に表現している、圧倒的な反戦映画だ。

『シンドラーのリスト』(1993)

 第二次世界大戦下、ナチス・ドイツ軍のユダヤ人大量虐殺から多くの命を救った実在するドイツ人実業家オスカー・シンドラーの生涯を、スティーヴン・スピルバーグ監督が描いた作品。ホロコーストを描いた作品は数々あるが、多くのユダヤ人を救った人の話であるにもかかわらず、非常にシビアな後味を残す。それはシンドラーが、ことの顛末のあと発した「もっと救えたかもしれない」という言葉。1,200人を救ったことは偉業だが、そのことは救われなかった人々を浮かび上がらせる。これだけのことをした人でも、後悔の念にさいなまれる戦争の惨さを痛感させられる作品だ。本作は、スピルバーグ監督にとって、初めてアカデミー賞監督賞を受賞した作品となった。

『ライフ・イズ・ビューティフル』(1998)

 ロベルト・ベニーニが監督、脚本、主演を務めたヒューマンスドラマ。ユダヤ系イタリア人のグイド(ロベルト・ベニーニ)は、愛すべき妻と息子と共に、ナチス・ドイツ軍の強制収監所に連行されてしまう。悲惨な未来が待ち受けるなか、グイドは息子ジョズエに、作品タイトル通り「人生は美しい」ことを豊かな想像力を駆使し、ユーモアを交えて伝える。グイドが息子に話す言葉や行動は、すべてが嘘である。子どものころから、嘘をついてはいけないと教えられてきたが、ついてもいい嘘があるんだと感じさせてくれる。悲劇を喜劇で伝えた本作も、戦争の残酷さをよく伝えてくれている。

【関連記事】