Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パラ陸上・走り幅跳び 中西麻耶がアジア新でV コロナ禍も「練習の質が落ちなかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「日本パラ陸上選手権」(5日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)  女子走り幅跳び(義足T64)が行われ、19年世界女王で東京パラリンピック代表に内定している中西麻耶(35)=阪急交通社=が5メートル70で、自身の日本記録を19センチ更新する、アジア新記録で優勝した。  「練習から調子が良かった」と充実の表情を浮かべた。コロナ禍で練習場所が制限される中、河川敷や公園で練習を重ねた。「コロナに関係なく練習の質が全く落ちなかった。志が全く変わらなかったのが良かった」とうなずいた。  快挙を達成しながらも「本当は(5メートル)80センチいきたかった。まだまだ課題が残る」という。1年後の大舞台に向け、さらなる成長を目指す。

【関連記事】