Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DX構築と先進技術のための新たな開発拠点を奈良に開設

配信

MONOist

 DMG森精機は2020年6月10日、奈良県のJR奈良駅前に、デジタルトランスフォーメーション(DX)構築と先進技術のための開発拠点「奈良商品開発センタ」を新設すると発表した。2022年春の開設を予定している。  同拠点では、5Gによるデジタル通信技術やAI(人工知能)、クラウドコンピューティング、デジタルツインなどの技術を用いたデジタル化、コネクティビティを含むDX構築を実施する。また、工作機械の要素技術や次世代複合加工機、Additive Manufacturing機、自動化システムなどの最先端技術の開発実験にも取り組む。  グループ最大の最先端研究開発拠点となり、1~2階に機械、要素技術開発の実験センター、6階に300席のカンファレンスセンターなどを配置する。近郊の学生インターンシップを受け入れ、電気や通信、エレクトロニクス、ロボティクスなどの各分野の経験者採用、技術者交流を推進する拠点としても機能させる。  所在地は奈良県奈良市三条本町で、JR奈良駅から徒歩1分の立地だ。敷地面積は約3624m2、建物デザインは建築家の隈研吾氏に委託した。従業員数は、約300人を見込んでいる。

MONOist

【関連記事】