Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

かつては上流階級が集う名門 漫画「はいからさんが通る」のモデル「跡見学園女子大学」とはどのような大学なのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

少女漫画「はいからさんが通る」のモデル校

 東京都内には歴史ある女子大学が多く存在しますが、そのなかでも明治初期から女子の高等教育機関を設立し、積極的に活動していたのが跡見女学校(現・学校法人跡見学園)の創立者である跡見花蹊(かけい)です。明治期から終戦前年まで続いた跡見女学校は少女漫画の名作「はいからさんが通る」の主人公、花村紅緒(べにお)が通う女子校「跡無女学館」のモデルとされ、上流階級の子女が多く通う女子校として名をはせました。  【画像】コスプレから年賀状まで! 「はいからさんが通る」のコラボ商品を見る  同学園が1965(昭和40)年に設置した跡見学園女子大学は現在、 ●文学部 ・人文学科 ・現代文化表現学科 ・コミュニケーション文化学科 ・マネジメント学部 ●マネジメント学科 ・生活環境マネジメント学科 ●観光コミュニティ学部 ・観光デザイン学科 ・コミュニティデザイン学科 ●心理学部 ・臨床心理学科 の4学部8学科がある、学部生4521人の中規模大学です(2020年5月1日現在)。  2020年はコロナ禍の影響で中止となりましたが、新座キャンパス(埼玉県新座市)は桜の名所として名高く、例年見頃を迎えた時期にキャンパスを開放し桜祭りを行っています。  また、同キャンパスの付属図書館は百人一首に関する3000点以上の資料が収められていることでも知られています。  跡見学園女子大学がこのような伝統文化を大切にしているのは、創立者・跡見花蹊が東京に来る前に大阪や京都で教育者や芸術家として実績を残していたことが影響しています。

多彩な才能を持つ跡見花蹊

 跡見花蹊は大阪(摂津国木津村)出身で、父親は地元で寺子屋を開いていたこともあり、幼年期から学問や書道に多く触れていました。  花蹊の才能は学問や書道だけに止まらず、絵画にまで及びます。京都へ行き画家に師事して腕を磨きますが、このことが後に皇族を始めとした上流階級とつながるきっかけになりました。  父から寺子屋の運営を19歳で継ぎ教育者としての第一歩を歩み出した花蹊は、幕末に大阪から京都に移り、女子教育に着手していきました。  明治維新により皇族が東京に移り住むのに伴い、多くの公家も京都を後にしたことを受けて、花蹊も京都の私塾を畳み東京へ向かい、父が仕えていた公家の住居の一部を借りて新たな塾を開きます。  女子教育者としてすでに実績があり、書道や日本画の才能を持つ花蹊のもとには上流階級の子女が集い、時には皇族に使える女官の教育も担当。評判が高まると生徒の数も増えていきました。  塾が手狭になったため、花蹊は1875(明治8)年、現在の千代田区神田の地に後に跡見女学校と名前を変える私塾「跡見学校」を開校しました。学校法人跡見学園では現在、この年を跡見学園女子大学の「創立年」としています。

【関連記事】