Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

部下やスタッフのミスを、 つい怒鳴り散らしてしまう人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文/小林弘幸 「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています。しかし、医療や健康に関する情報は玉石混淆。例えば、朝食を食べる、食べない。炭水化物を抜く、抜かない。まったく正反対の行動にもかかわらず、どちらも医者たちが正解を主張し合っています。なかなか医者に相談できない多忙な人は、どうしたらいいのでしょうか? 働き盛りのビジネスパーソンから寄せられた相談に対する「小林式処方箋」は、誰もが簡単に実行できるものばかり。自律神経の名医が、様々な不摂生に対する「医学的に正しいリカバリー法」を、自身の経験も交えながら解説します。

【小林式処方箋】

怒りそうな時は階段を1階分、上り下りする。

怒鳴ったらすべてが台無し

自律神経が扱いにくいのは、「周囲の影響を受けやすい」ということです。自分は、リラックスして落ち着いて臨もうと思っていても、否応なく周囲に巻き込まれ、イライラし……結果的に自律神経は乱れに乱れ、その日1日を棒に振ってしまうということも、ままあるでしょう。 例えば、あなたの部下や後輩、スタッフが、とんでもないミスをしたとしましょう。あなたならどうしますか? 「鉄は熱いうちに打て」ということで、大声で叱り飛ばしていませんか? でも叱ったことで、自分のほうが、調子が悪くなったりしていませんか? これも自律神経の働きです。 具体的に解説していきましょう。大声で怒鳴った結果、何が起きるのでしょうか。まず、怒鳴ったことで、交感神経が活発になり、心拍も血圧も上がり、血管がぎゅっと収縮されます。すると血液の流れが悪くなり、細胞のひとつひとつに血液が行き渡らなくなるのです。これが「自律神経の乱れ」に繋がります。 一度乱れた自律神経が元通りになるまで、だいたい3時間かかります。つまりほんの数分、瞬間的に怒鳴ったことで、その後の3時間をひどいものにしてしまうのです。 それだけではありません。 怒鳴られた側も、それを聞いていた周囲の人間も、不快に思います。結果、チーム全体の自律神経が乱れ、生産効率がガクンと落ちてしまうのです。

【関連記事】