Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

96歳で学位を取得!イタリア最高齢の大学生が首席で卒業

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
コスモポリタン

子どもの頃に貧困や第2次世界大戦、さらには新型コロナウイルスによるパンデミックを経験したジュゼッペ・パテルノさん(96歳)が卒業試験を合格し、イタリア史上最高齢での卒業生となったことが海外メディアを中心に話題を呼んでいる。 大恐慌の前にイタリアのシチリア島で育ったジュゼッペさんは、子どもの頃から本や学ぶことが好きだったものの、家庭が貧しかったことから義務教育のみ受けた後に海軍に入隊。軍人として第二次世界大戦を経験し、その後は鉄道員として働き、最愛の妻と結婚して家庭を築き、支えてきたという。 それでも学びたいという思いを持ち続けたジュゼッペさんは、31歳で高校を卒業。そして2017年にはイタリアのパレルモ大学へ進学することに。この数年、歴史と哲学の学位を取得するべく学業に励んできたんだそう。

「今やるか、一生やらないか…。3年制の学位を取得するのには、少し遅いのは理解していましたが、自分自身に『できるかどうか見てみよう』と言い聞かせたんです」 3年間の講義を履修し続けたジュゼッペさんだったけれど、卒業間近に新型コロナウイルスの影響からオンライン授業に切り替わることに。当初は不安を感じたものの、このことによって「より精神的に強くなった」と、ポジティブな想いを持ち続けたことを振り返っている。 そして、今年6月に行われた最終試験に合格したジュゼッペさんは、首席として大学を卒業することに! 教授たちからも「学生の生きるお手本」と太鼓判を押されていたよう。 96歳での卒業という偉業を成し遂げた彼は、自分について「私は他の多くの人と同じように、普通の人間です。他の人より年齢的に上ですが、それが理由でやろうと思ったことではなかったんですよ」と語っている。 最愛の妻であったステファナさんは、ジュゼッペさんが大学に進学するよりも前の2006年にこの世を去ってしまったものの、きっと天国からジュゼッペさんの頑張りを誇らしく見守っていたに違いない。

【関連記事】