Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

信頼できるクチコミのはずが…シッターによる性被害は我が子の他でも起きていた

配信

FNNプライムオンライン

【前編:「ママはお仕事してるからダメ」襖一枚隔てた隣室でも・・・在宅ワーク中に起きたシッターの性犯罪】 【画像】信頼できると思っていた「口コミ」は、お世辞の場となっていた キッズラインのレビューは・・・

我が子が性被害に・・・その時母は

今年4月、Aさんは、コロナ禍で娘の保育園が休園になり、しばらくは1歳と5歳の娘を、在宅勤務をしながら見ていた。しかし仕事中、次女が椅子に登ったことに気づかず、大ケガをさせてしまっては取り返しがつかないと思い、見てくれる人を探すことにした。 この3月までお願いしていた複数の女性のシッターがとてもよかったので、当初は女性のシッターが希望だった。しかし感染拡大を防ぐため、多くのシッターが活動を自粛していたり、地域限定だったりしたため見つからず、そこで初めてキッズラインの「募集機能」で呼びかけて応募してきたのが荒井被告だった。 4月から5月にかけ、Aさんの5歳の長女にわいせつ行為をした疑いで逮捕・起訴された30歳の元ベビーシッター・荒井健被告。 Aさんは、毎回「荒井先生に頼んでも大丈夫?」と尋ねてはいたが、長女からは決定的な言葉がなかった。 「そもそも保育園もすごく嫌がる子なので、あまりその差がわかりませんでした。」 私自身も5歳の子どもがいるが、幼い子どもの表現やボキャブラリーは時として大人には伝わりにくいことがあるのは実感するところだ。                                             長女への聞き取り後、Aさんは娘の心に寄り添おうと、あえてこのように話しかけた。 「娘には、『ママも子どものころに同じようなことをされたことあるんだよ、あなたは全く悪くないから。あなたのことを守りたいから、万が一今後そういうことがあったら言ってね。ママはあなたのことを守りたいけど、言ってくれないと気づけないんだよ、あなたには自分のことを守れる人間になってほしいから』と、そう伝えました。そうしたら、『うん、私、自分を守りたい』って言ってくれて。」 インタビューの直前に母親に連れられていた女の子の、幼いながらも意思のある顔が思い浮かぶ。 「親の感情に子どもはすごく敏感です。私が必要以上にショックを受けてしまうと、『そんなにひどいことをされた』と認識して余計に傷ついてしまうと思いました。」 心の動揺を懸命に抑え、母としての愛情で娘のこれからを思いやるやり取りに、話を聞いている私も胸が熱くなった。と、同時にこのような親子のところへも性犯罪の魔の手が「ベビーシッター」という姿になって入り込んできたことに、他人事とは思えない許せぬ思いを噛みしめる。 なんとか防ぐことはできなかったのか、できないものなのだろうか。

【関連記事】