Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

奈良県、代替試合は2時間制。タイブレイクあり、コールドなし

配信

スポーツ報知

 今夏の甲子園大会と地方大会の中止を受け、代替試合を開催する奈良県高野連は4日、橿原市内で加盟校連絡会を開き、1試合2時間制で行うことを確認した。2時間を超えたら新たなイニングには入らず、1時間50分以内に9回が終了して同点ならタイブレイクを1イニングだけ行う。点差によるコールドゲームは、なし。26日の理事会で詳細を発表する。  最後の夏となる3年生部員全員の登録を認め、原則は無観客試合だが、3年生部員の保護者の入場も認める方針。新型コロナ対策について、河井泰晴専務理事は「試合時間を区切ることで会場の混雑を避けることにつながる」と説明。組み合わせは「7月2日までには決めたい」とした。  学業などを優先して1校1試合のみ、佐藤薬品スタジアムで7月11~26日の土、日、祝日に開催予定。

報知新聞社

【関連記事】