Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

川島永嗣、盟友・内田篤人の引退に胸中激白 「寂しいけど。。本当に寂しいけどな」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

「思い返せば初めて会ったのはあつとがまだ19歳の時」と回想、2ショットも公開

 フランス1部ストラスブールのGK川島永嗣が自身の公式インスタグラムを更新し、現役引退を表明した鹿島アントラーズDF内田篤人への思いを綴った。日本代表で苦楽を共にした盟友との2ショットを公開しつつ、「寂しいけど。。本当に寂しいけどな」とメッセージを送っている。 【写真】「寂しいけど。。本当に寂しいけどな」 GK川島永嗣、日本代表の盟友・内田篤人との思い出2ショット  24日にインスタグラムを更新した川島は、23日のJ1第12節の本拠地・ガンバ大阪戦(1-1)が現役最後の試合となった内田について「親愛なるあつとへ」と切り出し、思い出を記している。 「いつから仲良くなったんだろうか。思い返せば初めて会ったのはあつとがまだ19歳の時。代表キャンプの時、まだほっそりした身体から強烈なシュートを決められて、ものすごい身体能力を持っている事に驚かされた事を昨日の事のように思い出すよ」  内田は2008年1月26日のキリンチャレンジカップ・チリ戦において19歳305日でA代表デビューを果たした。以降はコンスタントに招集され、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)、2014年のブラジルW杯を経験。長年共闘してきた川島は、「代表キャンプの時は、勝手に部屋に来て、自分の好きな音楽をひたすらリピートして、勝手に昼寝して、勝手に帰ってく(笑)くだらない冗談でいつも笑ってたな」と振り返っている。  そんな内田が2010年に鹿島からドイツの名門シャルケへ移籍し、日本人選手として初のCLベスト4進出を果たした。「あつとがシャルケにいる時、どう考えても海外向きじゃない性格のあつとが、周りの人から親しまれ、自分から積極的にコミュニケーションを取る姿を見て、自分を変えようと、並々ならぬ覚悟が裏側にある事を知った」と川島は記している。  日本人初のCL4強は他の選手の希望となり、「日本人で初めてチャンピオンズリーグの準決勝の舞台に立つ姿をスタジアムで観た時は、同じ日本人として選手として、大きな感動を与えてもらったよ」と続けた。

【関連記事】