Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

45キロ痩せたアデル、メーガン妃と“BFFワークアウト”。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

45キロもの減量をし、「もはや別人」と話題のアデル。最近では、LAに移住してきたメーガン妃と一緒にレッスンを受けているらしい。気になるBFFワークアウトについて、セレブウォッチャー・さかいもゆるがリサーチしてみた。

メーガン妃とアデルが、最近ピラティス仲間になったらしい。イギリスのニュースサイト「Mirror」の記事でそんなニュースを目にした時、意外な組み合わせだと思った。けれど、ふたりは2018年に実施された慈善活動の場で出会ってから交流が始まっていたそう。イギリス出身セレブのアデルが、イギリス王室のヘンリー王子とその妻メーガン妃と交流があるのは、よく考えたら自然なことなのかも。 イギリス王室を離脱してビバリーヒルズに越して来たメーガン&ヘンリーはアデルのご近所さんになり、メーガンとアデルは、ピラティスのプライベートレッスンを共に受けるほどのマブダチに。ハリーも同じインストラクターにピラティスを習っているし、アデルはしょっちゅうメーガンの家に遊びに行っているとか。つまりメーガンとアデルは、今や“BFFワークアウト”仲間というワケ。

“BFF(永遠の親友)ワークアウト”と言えば、古くは2014年に、カーリー・クロスとテイラー・スウィフトが一緒にジムに通っていたことがあった。内モモの筋肉が弱点だったカーリーも、ピラティスでその筋肉を鍛えていることを打ち明けていたっけ。そしてヴィクシーモデルのジャスミン・トゥークスとジョセフィン・スクライバーも、一緒にワークアウトのインスタアカウント「Joja」を開設したワークアウト友達だ。

アデルが去年から急激に痩せた理由のひとつは、離婚後に仕事のストレスと家庭生活のバランスを上手く取るために、クリーンなライフスタイルにシフトしたというもの。一方、現地時間の8月11日には「メグジット」と呼ばれる今回の王室離脱についての暴露本、『Finding Freedom』も発売、そして現在は実の父親に宛てた手紙をめぐって裁判中。何をやってもマスコミに叩かれてばかりのメーガン妃にとっても、ピラティスはいいストレス解消法になっているのかもしれない。友人のアデルとは同じバツイチ仲間でもあるし(メーガンは2013年に映画プロデューサーのトレヴァー・エンゲルソンと離婚している)、レッスン後のガールズトークも色々と弾んでいそう。と、妄想してみたりして……。 私事だが、おひとり様行動が得意な私も、ランだけは“BFFと一緒に”派。友達との約束があるからこそ、サボらずに走りに出かけられるし、終わったあとに、楽しい会話と美味しい朝食やビールというご褒美がないとがんばれないからだ。 ワークアウトがなかなか続かないという人には、メーガン妃とアデルのような“BFFワークアウト”、おすすめである。

VOGUE JAPAN

【関連記事】