Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3人の監督が予測困難なJ2を語る。「我々にはチャンス」「楽しみ」

配信

Number Web

 ついに、ついに、Jリーグが動き出す。J1に先駆けてJ2が、6月27日に再開される。J3も同日に開幕を迎える。 【秘蔵写真】ヤンチャそうな藤枝東の長谷部、韮崎の中田英、桐光・俊輔、イケメン市船・増嶋&北嶋、半端ない大迫、平山、乾……高校サッカー伝説の45人!  予測不可能のシーズンである。  22チームが総当たりで対戦するJ2は、12月20日までに41試合を消化していく。月別では7月が6試合、8月が7試合、9月が8試合と、酷暑が予想される夏場に過密日程が待ち受ける。昨シーズンは7月が5試合、8月と9月は4または5試合だったから、フィジカル的な負担は相当なものになるだろう。  10月は6試合に減るものの、11月は再び8試合が組まれている。シーズン最終盤で疲労の蓄積が避けられない12月にも、20日の最終節までに5試合がつづく。  水曜日開催のゲームが例年以上に多いスケジュールは、中2日か中3日で迎える試合が増えることを意味する。大宮アルディージャを昨シーズンから率いる高木琢也監督が言う。 「中2日か中3日で試合が続く時期は、コンディションの維持と回復を繰り返していく。戦術的なトレーニングに、どこまで時間を割けるか。現実的に難しいでしょうね。そう考えると、再開までにしっかり理解を深めておかないといけない」

永井「実際に始まってみないと……」

 J2はJ1より試合数が多い。試合に追われていくスケジュールは、これまでにもあった。それにしても、戦術的な修正よりリカバリーを優先せざるを得ないタイミングが、今シーズンは多くなるということだ。  そう考えると、停滞期はできるだけ避けたい。水戸ホーリーホックの秋葉忠宏監督は、「6カ月弱に縮まったシーズンなので、流れに乗る、流れを作る、ということは大事でしょう」との見通しを立てる。  東京ヴェルディの永井秀樹監督は、「スケジュールを見ながら中断期間に色々なシミュレーションをしてきましたが、実際に始まってみないと分からないところがある」と、割り切って受け入れるスタンスだ。

秋葉「資金力のないチームにはチャンス」

 スケジュールが過密になれば、ケガのリスクが高まる。ドイツ・ブンデスリーガでは、再開直後にしてケガ人が続出した。高木監督がうなずく。 「シーズンのスタートが6月後半から7月というのは、これまでになかったことです。いきなり蒸し暑いコンディションです。それに対して、身体は当然ながら影響されます。いくら戦力が揃ってても、ケガ人が出たら戦力はダウンする。そういう意味での怖さはあります」  コンディション管理については、秋葉監督も細かく配慮している。そのうえで、現状を前向きにとらえる。 「ありとあらゆることに気を配っていきますが、誰も経験したことのないこの状況ですから、我々のように資金力のないチームにはチャンスだと思っています。知恵とアイディアを絞ってピッチ外でも素早く行動できるのは我々のいいところで、コンディショニングでも他チームとの違いを見せられれば」

【関連記事】