Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今夜『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ノーカットで地上波初放送

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
PHILE WEB

金曜ロードSHOW!にて、本日8月7日21時より、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』がノーカットで地上波初放送される。放送時間は21時〜22時54分。 5週連続で劇場アニメ放送中 この夏5週連続で、金曜ロードSHOW!では日本の劇場アニメ作品を放送中。先週7月31日には『聲の形』が放送され、2週目となる本日は『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が登場する。 岩井俊二監督の名作ドラマを原作に、日本を代表するクリエイターが集結。『モテキ』などの大根仁が脚本を、『魔法少女まどか☆マギカ』などの新房昭之が総監督を務めている。 声のキャストに広瀬すず、菅田将暉、松たか子など豪華メンバーが起用されたことも話題を集めた。また主題歌のDAOKO×米津玄師「打上花火」はハイレゾ配信でも超ロングランヒットを記録している。 <ストーリー> 典道(菅田将暉)は、海の近い茂下町に住む中学生。花火大会の当日、夏休みの登校日で学校に行った彼は、医者の息子で親友の祐介(宮野真守)とプール掃除をすることに。プールサイドには典道と祐介が思いを寄せるクラスメイトのなずな(広瀬すず)がいた。突然、水泳の勝負をすることになった男子二人だったが、祐介は「俺が勝ったらなずなに告白する」と宣言。なぜかそこで、なずなも勝負に加わることになり…。 勝負に勝った祐介を、花火大会に誘うなずな。 一方、典道は友人たちと約束していた「打ち上げ花火を横から見たら、平たく見えるかどうか」を確かめるため花火の上がる時間に灯台に行くことに。しかし、一緒に花火大会に行けないとなずなに伝えてほしいと祐介から頼まれた典道は、仕方なくなずなの元を訪れる。そこで大きなスーツケースを持った彼女を、母親(松たか子)が強引に連れ去っていく。母親の再婚により、転校することが決まっていたなずなが、家出しようとしていたのだ。典道は、彼女を助けられなかったことを後悔。その思いを、なずなが海で拾ったナゾの石に込めて投げつけると…。「もしも、俺があの時…」という典道の願いを叶えるように、水泳の勝負が始まる前のプールサイドに時が戻っていた!

編集部:押野 由宇

【関連記事】