Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【競輪】中本匠栄が繰り上がりでビッグレース初決勝初優勝を達成

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「第36回共同通信社杯、G2」(21日、伊東競輪)  中本匠栄(33)=熊本・97期・S1=が、1位に入線した山田英明の失格により繰り上がりで優勝。ビッグレース初の決勝で初優勝を達成した。2着に松浦悠士、3着に園田匠が入り、3連単は19万6380円という大波乱の結末となった。なお、9Rに行われた「ガールズケイリンコレクション2020伊東温泉ステージ」は、高木真備(26)=東京・106期・L1=が制した。  伊東で大けがをしてから丸3年となる21日に、中本がビッグレース初制覇で苦手意識を一気に吹き飛ばした。  自身初めてのビッグ決勝は山崎-山田の後位を固めて3番手。1位で入線した山田が失格となったため「一番は(山田)英さんの失格が残念。まだそっちの気持ちが強い。優勝の実感はないけど、これから少しずつ感じていければ」と控えめに喜びを語った。  山田は残念な結果に終わったが五輪代表の新田と脇本、賞金ランクトップを走る松浦を封じた。「レースが終わってから英さんと話したけど、九州としては(レース内容は)いい形に持っていけた」と4車で並んだ九州作戦は成功。強敵だらけの単騎勢をラインの力で撃破した。  中本は3年前の17年9月21日に、この伊東競輪場で落車して頸椎(けいつい)の大けがを負った。「ここに来るまでは、ケガのイメージが強くて、苦手意識があった」と嫌な思い出はぬぐい去れなかったが「今回は(G2を走る)チャンスをいただいたし、走ろうと思った」と参加を決意。負傷して以来となる伊東バンクで大仕事をやってのけた。  ビッグタイトルを手にしても「今回は先輩と後輩に助けられた。基本的な戦法は変わらない。確定板に載れるように。勝つことを意識して走りたい。先輩に任せられたら役割を果たしたい」と、自力選手としてもまだまだ奮闘を誓う。

【関連記事】