Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フライヤーはなぜ起きる? 原因と対策をまとめて解説!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

ラフからのショットで起きやすいのが、想定以上の飛距離が出てしまう「フライヤー」だ。フライヤーはなぜ起きるのか。仕組みから、フライヤーが起きる状況でどう打つかまで、まとめて解説。

フライヤーとは?

コース攻略のためには各番手でどれくらい飛距離が出るのかを把握しておくことが重要で、想定より飛ばない場合はもちろん、逆に飛び過ぎてもマネジメントの算段を立てづらくなってしまう。 しかしながらコースでのプレーでは、普段と同じようにスウィングをしたとしても想定以上の飛距離が出てしまう場合がある。この現象を「フライヤー」という。とくにグリーンを狙うショットを打つ場合は、フライヤーしてしまうとオーバーの危険があるので対策が必要となる。

フライヤーの原因は? どんなときに起きる?

スウィングに変化がないにもかかわらずフライヤーが起きてしまう原因は、外的要因でバックスピン量が想定よりも減ってしまうため。スピン量が減ることでキャリーが伸びるだけでなく、ボールが止まりづらく、地面に落ちてからのランも増えてしまうというわけだ。

具体的に、フライヤーが起きやすいシチュエーションは大きく2つある。まず、ラフから打つ場合。短く刈られたフェアウェイに対しある程度芝が伸びているラフでは、インパクトの際にボールとフェース面の間に芝生が挟まりやすい。その結果、スピンがかかりづらくなってしまう。よくいわれることだが、ボールとクラブの間に1本でも芝が挟まれば、スピンは減る。 もちろん、ヘッドとボールの間に挟まる芝の量が多いほどスピンはかかりづらくなり、フライヤーしやすい状況と言える。ラフと一口に言ってもその深さや芝の密集度合いはコースやプレー時期によって異なるが、とくに夏場は芝の成長が早く、長く生い茂っている場合が多いので注意が必要だ。 速いヘッドスピードで振り切れるゴルファーほど、ラフからのショットではフライヤーが起きやすい(逆にヘッドスピードが遅い場合は、芝の抵抗に負けてフライヤーとは真逆に飛距離が極端に落ちることがある)。

【関連記事】