Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前橋育英 山田耕介監督【後編】「新しい戦術もチャレンジができる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 新型コロナウイルスの影響で活動休止や大会中止を余儀無くされた高校サッカー界。6月に入り、少しずつ本来の姿を取り戻しつつあり、グラウンドには子供たちの明るい声が響くようになってきた。 前橋育英 山田耕介監督【前編】「自粛中はZOOMを使い、週3ぐらいは体幹トレーニング」  地域によって差はあるが、練習試合なども行なえるようになり、リーグ戦再開についても明るい兆しが見えるようになってきた。年末年始の高校サッカー選手権を目指し、各チームは気持ちを新たにしてリスタートを切っているに違いない。  群馬県の強豪・前橋育英高も6月から活動を再開し、冬の檜舞台に向けて再び走り始めた。では、どのようにして強化を進めていくのか。山田耕介監督に今後の見通しや今年のチームについて話を聞いた。 ーー活動休止が続きました。高校サッカー選手権に向けて、今後の強化方法について教えてください。  U-18高円宮杯プレミアリーグが中止となりましたが、プリンスリーグ関東は8月ぐらいから始まる予定となりました。今年はプレミアリーグのチームも参戦するイレギュラーな形になり、昇降格もありません。そうなると、昇格、降格がないので、ハイレベルなゲームの中で色んな選手を試せると考えています。選手にとっては出場機会を得られるチャンスですし、公式戦ではありますが、選手権に向けたトレーニングマッチに近い位置付けになるのではないかと考えています。今までみたいに「絶対に勝点3を取らないといけない」というゲームが少なくなるので、練習で成長の跡を示してくれた選手を試せますよね。また、新しい戦術もチャレンジができるので、今年に限ってはリーグ戦の位置付けが変わるのではないでしょうか。 ーー強化という意味でも、夏休みの位置付けもまた変わって来そうですよね。  学校によっては夏休みが短くなるかもしれません。前橋育英も8月7日から夏休みで、再開は8月24日になっています。なので、例年行なっていたような長期の遠征にもほとんど行けないかもしれないですよね。群馬では県内同士であれば、7月から練習試合ができるようになりますけど、他の地域では8月に入らないと練習試合ができない場所もあると聞いているので、県外との練習試合は簡単ではないかもしれません。県内で練習試合ができても県外のチームとは行えないので、選手権予選で当たることを考えると今後の強化が難しくなる可能性がありますよね。なかなか地域間の移動ができないので難しいですし、地域で足並みが揃わないから大変ですが、各地域の状況を聞きながら強化を考えていく必要があると感じています。 ーーそういう意味でもプリンスリーグの重要性が高まりそうですよね。  そうですね。冬の高校サッカー選手権に向けて、ぜひ開催をしていただきたいですね。とはいえ、選手権が中止になってしまうと、子供たちの目標が全て消えてしまいます。なので、開催できるように大人が段取りをしていかないといけないですよね。選手権がなくなって全てが消えてしまうのだけは良くないので。 ーー今年のチームについても教えてください。まだ活動ができていないかもしれませんが、現状ではいかがでしょうか。  活動ができていなかったのでメンバーは白紙ですが、去年から試合に出場していた選手が多くいます。攻撃では中村草太、熊倉弘達。中盤ではキャプテンの熊倉弘貴、(昨夏にU-17日本代表候補に入った)櫻井辰徳、新井悠太。最終ラインでは昨年の高校サッカー選手権予選を経験した大野篤生。彼らが中心になっていくと考えています。あとはこれからの戦いでいろんな選手が台頭してくれるといいですよね。 ーー後になりますが、冬の高校サッカー選手権に向けて子供たちへメッセージをいただけますか。  新型コロナウイルスによる活動自粛で、自分自身を見つめ直した子がたくさんいると思います。それはスタッフも同様で、私自身も自分と向き合えました。時間があったので練習メニューをオーガナイズの部分からもう1度勉強して、100通りぐらいトレーニングを考えたんです。改めてこういう時間は本当に大切だと感じましたし、自粛中に得たものを今後に活かしていくことが大切です。サッカーが大好きな子供たちのためにも、私たちも全力でサポートをしていきます。

【関連記事】