Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1971年ドラフト会議、ビッグ3の行方は?/週べ回顧1971年編

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

直前に三沢が中日入り

 今回は『1971年12月6日号』。定価は100円。  ドラフト会議直前、江津工高から新日鉄広畑に進んでいた三沢淳の中日入団が決まった。  三沢は前年秋、高校在学中に中日に3位指名されたが、拒否し、新日鉄に入社した右のアンダースロー。この夏の都市対抗では小野賞に輝いている。  中日が1年間の交渉期限ぎりぎりで獲得となった。  社会人はシーズン中のプロとの交渉を禁じ、11月1日から解禁。19日がドラフト会議だから、かなりの短期決戦だった。  新日鉄広畑は中日のスカウトがこの期限前に三沢の実家に通い、家族を口説いたのはおかしいと激怒していたようだ。  この年のドラフト会議ではBIG3と呼ばれた松下勝実(慶大)、井上圭一(三菱重工川崎)、山本和行(亜大)が注目。ただ、全体に小粒と言われ、「唯一の大物」とも言われていたのが、松下勝実だった。  松下は六大学で2度の首位打者に輝いたスラッガーだが、プロ拒否を明言し、すでに松下電器への就職が内定していた。  三沢の例もあり、どこかが強行指名するのでは、の声もあったが、結局、どこも手を出さなかった。  イの一番のロッテが指名したのは、前年東映2位に指名されて拒否していた井上圭一。前年は、「東映だけは行きたくない。それに僕はうちのチームを優勝させたい夢がある」  と語っていたが、今度も 「ロッテも同じです。プロ入りはしません」  と話した。  ただ、ロッテの田丸スカウトが三菱川崎の富田監督の恩師とあって、こちらはいずれ翻意するだろうと言われていた。  BIG3最後の一人、亜大・山本和行は阪神。郷土の広島が第一希望だったようだが、 「プロに行くなら巨人以外のセ・リーグのチームが希望。どうせなら巨人をやっつける立場に回りたい」   と話していただけに入団は間違いないようだ。  阪神が2位の「中村勝広」の名前を「中村裕二」と書き間違え、この名前の選手が法大の捕手でいたので、すぐ修正。書き間違えはロッテ、大洋でもあったという。    では、またあした。 <次回に続く> 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】