Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

こんな時代こそタフネスを! 今月発売のJeep限定車がいますぐ欲しい!

配信

FORZA STYLE

定期的に欲しくなるジープは永遠の名車です!

いつか絶対に所有したい! そう思えるクルマのなかにジープがあります。いまさら説明するまでもないサバイバル系SUVの名車ですが、ワタシにとってもジープは定期的にブツヨクが沸き上がるモデルです。いまは時代的に不安がつのるからでしょうか、俄然、欲しくなります。 ジープが欲しくなる要因のもうひとつは、初代からブレずにサバイバル性能を追求するクルマ造りです。乗用車をベースに開発されたスタイリング重視の都市型SUVとは根本から異なり、強靭なラダーフレームのシャーシは、キャビンスペースがつぶれても走行することが可能です。無論、ハンドル操作が行えるなど条件はありますが、いざというときに頼りになるのがジープなのです。 そんなジープのフラッグシップモデルがラングラーです。直近の話題は電動のパワートップを備えた5月21日発売の限定車『ラングラー・アンリミテッド・サハラ 2.0L・スカイワンタッチパワートップ』の登場です。限定総数は300台。価格は税込で620万円。

キャンバス製のルーフは開口部が多くとても開放的です。96km/h以下であれば開閉可能で約20秒でオープンエアモータリングが楽しめます。とはいえこの速度、日本ではほぼ高速道路の上限速度ですから、コンビニの空き袋などあれば車外に飛んでいく可能性もあります。周囲への配慮は必要ですね。

さて、今回の限定車ですが、ウリは電動式のパワートップと、現行JL型ラングラー初採用となるボディカラー『サージグリーン(限定150台)』の設定です。見た目はカーキ色ですからジープのDNAそのもの。このボディカラーのほかには『パンプキンメタリックC/C(100台)』、『ブラックC/C(50台)』が用意されます。

装備内容はベース車となった『アンリミテッド・サハラ2.0L』に準じたものですが、安全装備を含めほぼ標準。そのままでも過不足ない内容となります(それでもアレコレとOPが欲しくなりますが……)。既存のモデルがベースとなりますが、あらためてスペックをおさらいしておきましょう。

【関連記事】