Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4人は家庭内感染か(5日発表) 高岡、女子生徒の中学は登校見合わせ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 5日の記者会見で富山県は、4日に新型コロナウイルスの感染が確認された高岡市の家族4人について、症状や行動歴など詳細を説明した。4人は、40代の男性会社役員と40代の無職女性、10代の女子生徒2人で、3日に陽性が分かった10代男性会社員の同居家族。男性は感染経路が不明で、「孤発」から家庭内感染が広がったとみられる。  男性会社員の7月26日の発症後、無職女性は30日に喉の痛み、男性会社役員は8月1日に発熱の症状が出た。男性会社役員は7月下旬から出勤していない。  女子生徒2人について、会見した県の石黒雄一厚生部長は「感染者の特定につながりかねない」として、学校名を公表しなかった。このうち1人は、高岡市教育委員会が牧野中の生徒と明らかにした。  もう1人の学校名が明らかになっていない生徒は7月27、29両日に登校しており、29日に喉の痛みが出た。登校時や授業中に近くにいた生徒を含む学校関係者11人が濃厚接触者で、PCR検査を受ける。

■全校生徒の登校見合わせ  女子生徒の新型コロナウイルス感染が分かった高岡市牧野中学校は5日、全生徒の登校を見合わせ、家庭学習に振り替えた。6日も家庭学習とする。市内中学校で感染者が出たのは初めてで、5日に市役所で記者会見した米谷和也教育長は「不安を感じる生徒に迅速に対応したい」と語った。  市教委によると、生徒の感染が分かった4日夜、同校は全保護者にメールや電話で連絡した。学校ではマスク着用や給食時の飛沫(ひまつ)飛散防止パネルの設置などの対策を取っており、県高岡厚生センターは「校内に濃厚接触者はいない」と判断したという。5、6日は校内を消毒した上で学期末の保護者会を実施し、7日の終業式も予定通り行う。  学校名を公表したことについて、教育長は「どこの学校なのかという心配が市内の保護者にある」と説明。全国で感染者への誹謗(ひぼう)中傷が相次いでいるとし、「子どもの将来が左右されることがないよう温かい目で見守ってほしい」とした。

【関連記事】