Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

≪韓国ドラマNOW≫「アリス」3話、チュウォンがキム・ヒソンに会い再び涙…キム・サンホが刺される

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。  4日午後に放送されたSBS「アリス」第3話でタイムトラベルの秘密を隠そうとするウンスの母親(オ・ヨンア)が中堅刑事コ・ヒョンソク(キム・サンホ)を包丁で刺した。 アリスのプロフィールと写真 ジンギョムは自身の母と似ている女教授テイを見て抱き寄せた。テイは自身を抱き寄せたジンギョムをセクハラとして警察に通報した。後ほどテイはジンギョムが警察だということを知って対話を交わした。ジンギョムはテイが自身の母親かを確認する質問をした。ジンギョムは生きているならば50代である自分の母親と女教授テイがそっくりであることは説明せず、「50代ではないのか? 」との質問をした。これを聞き、若い女教授テイはジンギョムに腹を立てた。 ジンギョムは女教授テイの調査をしながら、テイの両親が営む中華料理店を訪れた。ジンギョムがご飯を食べていたところ、テイの妹ユン・テヨン(ヨヌ)が独立をすると言った。テヨンは「お姉さんとどうして差別するのか。姉さんが望んだことは全部やってあげて、なぜ私がして欲しいということはやってくれないの」と愚痴をこぼした。 ジンギョムは店の外でテヨンにテイに関する質問をした。ジンギョムは2010年にテイに特別な事が起らなかったかと聞いた。テヨンは「一際運がなかった」と説明した。テヨンはテイにジンギョムがテイの趣向をよく知っていると説明した。 ユ・ミンヒョク(クァク・シヤン)はタイムカードを持っているものと推定されるジンギョムについて調査を開始した。ミンヒョクはジンギョムが無感情症という事実を知った。ミンヒョクはジンギョムからタイムカードを奪おうと決心した。 ジンギョムは自身のタイムカードを奪いに来たアリスの要員たちと激しく戦いを繰り広げた。ジンギョムは結局、ミンヒョクにタイムカードを奪われざるを得なかった。ジンギョムは自分を殺そうとするミンヒョクと銃撃戦を繰り広げた。ミンヒョクは警察たちが詰め掛けると逃げた。ジンギョムは本物のタイムカードを隠しておいた。 ジンギョムは再びテイを訪ねた。ジンギョムはテイにタイムカードを調査して欲しいと頼んだ。ジンギョムはタイムカードがタイムトラベルと関係があると主張した。しかし、テイはジンギョムの頼みを拒絶した。テイとジンギョムはプロペラのないドローンを共に目撃したと述べ、話を交わした。 ジンギョムはテイにタイムトラベラーの存在を明らかにした。テイはジンギョムの主張に負けて結局、タイムカードの調査をすることを受け入れた。テイはお酒を飲みながらグラスを叩き、その姿を見たジンギョムは母親を思い浮かべた。 ジンギョムは結局、女教授テイとお酒を飲んでいて酔った。ジンギョムはテイがタイムトラベラーではないのかと尋ねた。テイは結局、怒りながらジンギョムの元を去った。ジンギョムは酒に酔って気絶した。その時、女親友キム・ドヨン(イ・ダイン)はジンギョムに電話をした。気絶したジンギョムの電話をとった教授テイは、ドヨンにジンギョムを連れて行ってと言った。ドヨンはテイにいきなり怒った。居酒屋に行ったドヨンはジンギョムの母親そっくりの女教授テイの顔を見て驚いた。 翌朝、ドヨンはジンギョムと女教授テイの話をした。ジンギョムはテイが自分の母親と関連があると考えた。ドヨンはテイとジンギョムの母親が何も関係がないと主張した。ジンギョムはテイの悪口を言うドヨンを家から追い出した。ドヨンは怒ってジンギョムの元を去った。 ジンギョムは母に対する恋しさとタイムカード調査に対する疑問として、テイを訪れた。ジンギョムは母親ソンヨンが数学を得意だったことを思い出した。ジンギョムはまた、母親の首の後ろにあるタトゥーがテイにもあるか確認しようとした。テイは自身についてまわるジンギョムを不便に思っていた。 中堅刑事コ・ヒョンソクはテイの調査をしているジンギョムを心配した。刑事ヒョンソクは息子のようなジンギョムにウンスの拉致事件の調査を止めるよう言った。ミンヒョクは死んだ娘と一緒にいたくて未来に戻らないウンスの母親を返さなかったオ・シヨン(ファン・スンヨン)を叱責した。ミンヒョクはウンスの母親を出国場に送った。 出国場に行く道でウンスの母はアリスの職員を銃で殺して欲しいと依頼し、暗殺者を雇って逃げた。ミンヒョクを含めたアリスの要員たちは死んだアリスの職員を見て事態を見守ることに決定した。 アリスの職員から逃げたウンスの母親は娘に会いに行った。ウンスの母親は未来から来たウンスの母親を見て当惑した。未来から来たウンスの母親はウンスの母親の首を締めた。そして、廃車場でウンスの母親の遺体が発見された。 警察はウンスの母親の自宅を訪ねたが、ウンスとウンスの母親がいるのを見て当惑した。ウンスの母親は警察の取調べを受けた。しかし、警察の調査でも死んだウンスの母親の死体からは被害者のDNAしか検出されなかった。 ジンギョムは生きているウンスの母親を他の人だと疑った。ジンギョムは生きているウンスの母親に誘拐事件の捜査当時と同じ質問をして、結局ジンギョムに嘘をついたことがばれた。ジンギョムは中堅刑事ヒョンソクに生きているウンスの母親を密着監視しなければならないと主張した。ヒョンソクはジンギョムより先にウンスの母親に会うと言った。 幼いウンスはかゆみを訴えているうちに高熱で気を失った。ウンスの母親もかゆみを感じ、娘を感染させたのは自分であることに気付いて絶望した。中堅刑事ヒョンソクはウンスの母親の自宅を訪ねて、ウンスの行方を尋ねた。ウンスの母親はウンスについて嘘をついたことがバレた。ヒョンソクは部屋の中に傷だらけで放置されたウンスを見て驚いた。正体がバレそうになったウンスの母親は刑事ヒョンソクをナイフで刺した。 刑事ヒョンソクは病院に搬送されて手術を受けた。ジンギョムは病院で手術を受けるヒョンソクを訪ねた。しかし、ジンギョムは父のようなヒョンソクが危篤状況で、何の感情も感じられない自分を責めた。ジンギョムは「父親のような方が危篤なのに、僕が驚いたのか、辛いのか、何も考えがないのか、感じない」と話した。 教授テイは病院にいるジンギョムを訪れた。ジンギョムはテイを見ると涙を流した。テイは「なぜ度々私だけ見ると泣くのか」と驚いた。ジンギョムの女親友ドヨンはこの姿を見守っていて、驚いた。

Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

【関連記事】