Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“恋するスマホ”役のローズ・バーン、もう「スマホを見たくない」!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
cinemacafe.net

“恋するスマホ”の暴走を『ハングオーバー!』チームが描いた『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』。今回、“恋するスマホ”ことジェクシーの声を担当した実力派女優ローズ・バーンのインタビュー映像をシネマカフェが独占入手した。 【写真】恋するスマホが大暴走! 「ヘイSiri!」「アレクサ!」「OK Google!」など身近な存在となり、生活の利便性を向上させ続けているAIアシスタント。そんな高機能なAIを相手取り「わたしのほうが優れている」と豪語し、Sっ気たっぷりに下ネタ満載のジェクシーの声(字幕版)を担当したのが、2000年に『The Goddess of 1967』(原題)でヴェネチア国際映画祭で女優賞を獲得、『X-MEN』シリーズから『ANNIE アニー』『ピーターラビット』、『ネイバーズ』まで幅広い作品に出演するローズ・バーン。 これまで数々のコメディー作品に出演経験があるものの、ジェクシーの声には特別な難問が立ちはだかったそうで「実際のAIの声は文章を読む人の音声を録音し、それを優れたソフトウェアに入れて合成しています。私がセリフの収録を終えた後、特別な音響チームが収録した私の声を微調整して、ジェクシーのユーモアとキャラクターがばっちり伝わる理想的な声を作り上げたんです。みんなが必死でこの絶妙なバランスを求めていました」と、みんなで作り上げた製作の舞台裏を吐露。 また、ジェクシーの収録のボイストレーナーに入ったのは「Google Voice」のオリジナルの声を担当しているボイスオーバー・アーティストのローリー・バークだったそうだ。 今回のインタビュー動画で、ローズはジェクシーを作り出す過程を「フィルを追い詰める中で、コメディーの要素を見つけるのがとても面白かった。変であれば変であるほど面白かった!」と話し、収録を楽しんだ様子がうかがえる。 と同時に、SNS依存症の影響についての質問にも答えており「友情に自信を感じる能力などを破壊しています。心を消耗させる影響です」と鋭い視点で返答、自身でもこの映画に大きな影響を受けたようで「スマホを見たくない」とさえ感じたことを告白するひと幕も。 さらに、主演のアダム・ディヴァインやジョン・ルーカス&スコット・ムーア監督への印象も語っており、ジェクシーの“中の人”ローズ・バーンの見識の広さもうかがえる映像となっている。 『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』は8月14日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。

シネマカフェ text:cinemacafe.net

【関連記事】