Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“オール海外組”日本代表「ポジション争いの構図」 中島不在の影響、19歳久保の立ち位置は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

所属クラブでポジションを掴んでいるCB陣に対し、GK陣は主力クラスがレギュラー落ち

 日本サッカー協会(JFA)は10月1日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に臨むメンバー25人を発表。初めて“オール海外組”で構成され、東京五輪世代は7人が名を連ねた。 【一覧】オランダ遠征の日本代表メンバー  新型コロナウイルス感染拡大により、年内のワールドカップ予選は延期。日本代表にとっては、昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動となるなか、改めて各ポジションの状況を整理した。 ■GK 権田修一(ポルティモネンセ) シュミット・ダニエル(シント=トロイデン) 川島永嗣(ストラスブール)  昨年のコパ・アメリカ(南米選手権)後は、権田をレギュラーにポジション争いが展開されてきた。ただ、昨季所属クラブで定位置を確保していた権田とシュミットが新シーズンは控えGKに回る状況。ここまでリーグ戦に出場したのは川島(2試合)のみと実戦感覚に不安が残る状況となっている。 ■センターバック 吉田麻也(サンプドリア) 冨安健洋(ボローニャ) 植田直通(セルクル・ブルージュ) 板倉 滉(フローニンゲン)  吉田は今季、サンプドリアで途中出場の1試合のみだが、クロス対応などイタリアメディアからも及第点が与えられた。ボローニャで本来のCB起用となった冨安とのコンビがベースとなるだろう。バックアップ組も植田、板倉と所属クラブでレギュラーを務めており、コンディション的にはいつチャンスが与えられても問題なさそうだ。

東京五輪世代の菅原が初選出 両SB、ボランチはバックアップ陣の突き上げが必要

■右サイドバック 酒井宏樹(マルセイユ) 室屋 成(ハノーファー) 菅原由勢(AZ)  酒井の一番手は変わらず不動だろう。特に今季は、ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)を1対1で止めるなど、充実のパフォーマンスが続いている。念願の海外移籍を果たしてステップアップを狙う室屋、今回唯一の初招集となった東京五輪世代の菅原がアピールの場を奪い取れるか。競争活性化を促進するうえでは重要なポイントだ。 ■左サイドバック 長友佑都(マルセイユ) 安西幸輝(ポルティモネンセ)  長友はガラタサライでメンバー登録外となり、約9カ月にわたって実戦から遠ざかっていた。マルセイユ移籍で再び出場機会を掴んでいるが、34歳という年齢も含めて次世代の台頭が欲しい。両サイドをこなし、2019年に代表定着に近づいていた安西の活躍でさらなる底上げを図りたいところだ。 ■ボランチ 柴崎 岳(レガネス) 遠藤 航(シュツットガルト) 中山雄太(ズウォレ)  コンディション的には遠藤が最も上か。新シーズンは自身初のドイツ1部ブンデスリーガで攻守に安定したパフォーマンスを披露し、クラブ関係者や現地メディアからの評価も高い。スペイン3部に降格したデポルティボから同2部レガネスへ移籍した柴崎も、これまでの序列を踏まえればその座は固い。中山と、ボランチでの起用も予想される板倉の東京五輪世代コンビがどこまで突き上げられるか。

【関連記事】