Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<はたらく細胞>前野智昭「健康に気を使う日々が続く中、娯楽として、そして勉強として楽しんでいただけたら」【特別上映版9.5公開】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

“人間の体内”を舞台に、擬人化された“細胞”たちの働きぶりを描き、好評を博している清水茜の同名コミックのアニメ化作品として、2018年にテレビシリーズ第1期が放送された「はたらく細胞」。2021年1月からは第2期「はたらく細胞!!」の放送も決まったが、それに先駆けて、『「はたらく細胞‼」 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』が9月5日(土)より公開。第2期で描かれる、原作では第5巻にあたるがん細胞との再戦が、いち早くお披露目される。 【画像を見る】前野智昭演じる白血球(好中球・写真中央)。NK細胞(CV:行成とあ / 写真左)、キラーT細胞(CV:小野大輔 / 写真右)とともにウイルス感染細胞やがん細胞と死闘を繰り広げる ザテレビジョンでは、本シリーズで“白血球(好中球)”を演じている前野智昭にインタビュー。特別上映版とアニメ第2期の見どころ、そして「はたらく細胞」シリーズに懸ける思いの丈を、たっぷりと語ってもらった。 ■ 「また『はたらく細胞』をお届けする日が来る――そんな確信めいた気持ちを持っていました」 ――2021年1月から放送される第2期のエピソードが、特別上映版という形で先行公開されることになりましたが。 前野智昭:また白血球を演じられる喜びがすごく大きいですね。第1期から少し時間は空いてしまいましたけど、この間もコラボ企画などで白血球を演じる機会をいただいていたので、そんなに途切れることなく作品に戻ってこられたかな、というのが素直な印象です。第1期をやっているときから、また「はたらく細胞」をお届けする日が来るんじゃないか――そんな確信めいた気持ちというか、希望を持っていたので、それがこういう形で実現して、すごくうれしいです。 ――「はたらく細胞」がスクリーンに登場するということについてはいかがですか? 前野:僕らが最初に特別上映版のことをお聞きしたのは、第2期の収録のときだったんですよ。プロデューサーから「劇場版も考えています」と説明を受けて。やっぱり、大スクリーンだったり、鮮明なサウンドだったり、違った角度から「はたらく細胞」の世界を楽しんでいただけるというのは、すごくうれしく思いましたし、このシーンを劇場で見たらどうなるのかと想像する時間も楽しかったですね。 ■ 「乳酸菌の登場シーンはとても勉強になるし、キャラクターがめちゃくちゃかわいいんです」 ――第2期のストーリーについては、どのような印象を持ちましたか? 前野智昭:「最強の敵、再び。」というサブタイトルの通り、第1期(7話)で対峙したがん細胞と再び相対することになるんですが、第1期の頃から「ぜひ、原作の第5巻で描かれているがん細胞とのくだりをやれたらいいですね」と現場でも話していたので、それが特別上映版になるということで感慨深いものがありました。がん細胞って、ああいうキャラクターですけど(笑)、自分の存在に対して葛藤を抱いているし、存在意義を見出そうとしている。言い方は悪いですが、かわいそうな細胞でもあるので、それをまたアニメで表現できて、(がん細胞役の)石田彰さんとマイク前に並んで演じられることがうれしかったです。 ――前野さん演じる白血球(好中球)は、体内に侵入した細菌やウイルスを排除する役割を担う細胞。ただ本作では、がん細胞と戦うだけでなく、ちょっと切なさを感じさせるがん細胞との交流も描かれます。 前野:がん細胞はがん細胞で、あんな風に生まれてしまった悲しい境遇ではあるんですが、生まれてきてしまった以上、自分の生を全うするんだという、信念みたいなものを持っているキャラクターでもあるんです。そして白血球には、それでもがん細胞を倒さなきゃいけないという葛藤もあって。決してお互い、心の底から憎み合っているわけではないから、切ないところはありますよね。 第1期でも、少し煮え切らない思いみたいなものもありましたし。がん細胞としては、白血球に対して割と寛容というか、“友達”のような意識があって、それがまた白血球的にも、もどかしいところなんですよ。やっぱり友情を認めるわけにはいかない。むしろ、倒さなきゃいけない。でも向こうは友達だと思ってくれている、という。そのあたりの微妙な関係性は本作でも描かれているので、重要なポイントかなと思います。 ――アフレコの様子についてもお聞かせください。収録は他のキャストの方々と一緒に? 前野:第2期のアフレコは、コロナ禍が始まる前に収録できたので、みんなそろっての収録でした。第1期からのメンバーのチームワークは相変わらずよかったですね。「細胞」のスタッフの方々は、第1期の頃から、毎回おいしい差し入れをたくさんご用意してくださったんですね(笑)。休憩中、キャストはキャスト同士、スタッフさんはスタッフさん同士で固まって、分かれがちになるところがあったので、「そういう壁を取っ払って、みんなで交流を深めるために軽食を用意したので、どうぞ」ということで(笑)。(赤血球役の)花澤香菜ちゃんたちと「ありがたいね」と話していたんですが、第2期でも変わらずスタッフさんたちがその雰囲気を作ってくださったので、小倉(宏文)監督も交えて、スタッフのみなさんともたくさんコミュニケーションが取れましたし、最高な環境でアフレコに臨むことができました。 ――第2期で、特にお気に入りのシーンはありますか? 前野:もちろん全編を通して見ていただきたいんですが、今回、乳酸菌が出てくるんですね。その乳酸菌が人体に及ぼすいろんな影響が…ほぼほぼ良い影響なんですけど、それが具体的にどういうものなのか、緻密に、かつ分かりやすく描かれていて。僕は“乳酸菌は腸を整えてくれる”くらいの知識しかありませんでしたが、それ以外にも、こういう働きがあって、こうすると活性化する、というような情報が詰め込まれているので、そこはとても勉強になるし、見どころの一つだと思います。 しかも、その乳酸菌のキャラクターがめちゃくちゃかわいいんですよ(笑)。第1期を見たことがない方でも親しみが持てるキャラクターだと思いますね。そもそも、過去のシリーズを見たことがなくても、予備知識なく見られるのがこの作品の強みだと思うので、ぜひ今回の特別上映版をきっかけに「細胞」の世界を楽しんでもらえるとうれしいです。 ■ 「白血球って、僕の中では“理想の上司” “理想のお兄さん”みたいなところがあるんです」 ――第1期の放送以来、今なお多大な人気を博している「はたらく細胞」シリーズですが、その人気の理由はどんなところにあると思いますか。 前野智昭:描かれているのが、体の中で起きていることじゃないですか。男女問わず、いろんな人が「もしかして自分の体で起きていることなんじゃないか」と想像しながら楽しんでいただける。すべての人にとって身近に感じられる世界観なので、そこが何より大きいのかなと思います。細胞って、その役割について何となくの知識で把握している、という人が大半だと思うんですけど、それがこうして物語として表現されることによって、非常に分かりやすく描かれている。娯楽作品でありながら、勉強の一環としても見られることが、多くの人から愛される最大の要因なのかなと。しかも、毒々しいものからかわいらしいものまで、一人一人のキャラクターも立っていますし。 ――確かに、“細胞を擬人化する”という発想は、やはり大きな勝因だと思います。 前野:そうですね。分かりやすいだけでなく、それぞれの細胞にも感情移入できるわけですから。さらにその上で、人体に詳しくないと、こういうストーリーは描けないと思うんです。やっぱり、(原作者の)清水茜先生は相当調べて描かれたんじゃないかなと思いますね。 ――ご自身が演じる白血球(好中球)のキャラクターについては、どのような印象をお持ちですか? 前野:白血球って、僕の中では“理想の上司”、もしくは“理想のお兄さん”みたいなところがあるんですよ。行動力、説得力、そして包容力も持ち合わせていて、どんなにピンチに陥って自分が傷ついても、なんとかして体を守ってくれる。見ていて安心感があるんですよね。こういうヤツがそばにいたら、僕もすぐに頼っちゃうと思います(笑)。 とにかく、この白血球というキャラクターは、僕が普段思い描いている理想の人物に近く、非常にイメージしやすいキャラなんです。だから、演じる上で難しさはまったくなかったですね。強いて言えば、普段は真面目なのに、ふとしたときに見せるおちゃめな一面とか、そのあたりの対比をどう表現しようかと迷ったりしたことはありましたけど。 ――白血球(好中球)以外で、前野さんが好きなキャラクターは? 前野:細胞たちそれぞれに強い思い入れがあるので、みんな好きなんですけど、あえて挙げるなら、キラーT細胞かな。(キラーT細胞役の)小野大輔さんのお芝居には、いつも刺激を受けています。キラーT軍団は統率が取れているのに、小野さんのキラーTはすごく我が強いっていうのが面白いなと(笑)。あとは、花澤香菜ちゃん演じる赤血球もすごく一生懸命で、香菜ちゃんそのものという感じがして好きですね。 ■ 「この自粛期間は、エンターテインメントの持つ力をより強く感じた時期でした」 ――この春は、新型コロナウイルス感染防止のための自粛期間となってしまったわけですが、改めて自分の体内にいる細胞たちのありがたさを感じたり、ということは…? 前野智昭:それは感じましたね。コロナに限らず、われわれの体にはいろんなウイルスが絶えず潜入してきているわけで、それを免疫系の細胞たちが倒してくれているからこそ、今こうして健康に過ごせているんだなというのは、この自粛期間に如実に感じました。 第1期でアニサキスの話(第4話)がありましたが、実は僕も以前、アニサキスで苦しんだことがあって。あのときに好酸球が頑張ってくれていたんだと思うと、なんて自分の体って愛おしいんだろう、と。この作品に携わったことで、考え方や見方がかなり変わりましたし、自分の体の中の細胞たちに感謝する機会は間違いなく増えましたね。自分の体をもっと慈しまなくては、と思うようになりました。 ――ちなみに前野さんは自粛期間中、どのように過ごされていたのでしょうか。 前野:自宅にこもって、自分が出演させていただいた過去の作品のDVDを見たり、配信で映画を見たりしていました。エンターテインメントの持つ力をより強く感じた時期でしたね。 今、世の中が少しずつ前に進み始めているところですけど、この不自由な状況はまだしばらく続くと思うので、その中で、アニメーションや僕らの仕事が、皆さんの娯楽の一つとしてお役に立てたらいいなと思います。 ――では、9月5日(土)から公開される特別上映版、そして2021年1月から放送が始まるアニメ第2期を楽しみにしているファンへ、メッセージをお願いします。 前野:健康に気を使う日々が続く中、みなさんの体の中ではこんなドラマが繰り広げられているんだということが、分かりやすく描かれているので、ぜひご覧になって、娯楽として、そして勉強として、楽しんでいただければうれしいです。 特別上映版では、中にはちょっと出番が少ないキャラクターもいるかもしれませんが、テレビアニメの第2期では、そうしたキャラクターにフォーカスした話もたくさんありますので、ご期待ください。 ――また、今も休まず体のために頑張っている細胞たちにも、メッセージをお願いします。 前野:(笑)。いや、本当に毎日ありがとうございます、としか言えないですね。だから、細胞たちが喜ぶようなものを体内に取り入れてあげたいと思うんですけど…、人間ってどうしても、夜更かししたり、お酒を飲みすぎたり、体に悪いことが好きじゃないですか(笑)。だから、なるべく運動するとか、食べる物に気を付けるとか、そういうちょっとした努力を続けることが大切なのかなと。お酒を飲まない日を週に1、2回設けるとか、そういうミクロな努力を(笑)。だから細胞たちには、「これからはできる限りのケアをするので、よろしくお願いします!」と言いたいです。(ザテレビジョン)

【関連記事】