Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

沢田研二の男気『キネマの神様』で志村けんさんの代役を快諾

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

「志村さんとの縁で、『キネマの神様』が降りてきた--。そんなふうに感じているのか、ジュリーは全身全霊で、この作品に懸けているように見えます」(映画関係者) 【写真あり】代役を受けるにあたり、沢田は「体型や白髪は、そのまま生かしたい」と希望したという  前日の荒天から打って変わっての快晴。7月2日、映画『キネマの神様』(山田洋次監督)のロケが、埼玉県内の映画館でおこなわれた。この日のロケには、主役である沢田研二(72)のほか、小林稔侍(79)・片桐はいり(57)が参加。 「ロケ場所の近くにある旅館を借り切って、待機場所にしていました。演者さんは、その旅館と映画館を歩いて行き来していましたが、演者同士が一緒に歩かないように、スタッフはかなり気を遣っていましたね」(見物客)  撮影現場の舞台裏を知る関係者が語る。 「新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、すぐに撮影が再開されました。リハーサルもマスクをつけて、役者同士の距離もしっかり取っている。スタッフもなるべく少人数で、『密』を避けるよう配慮しています」  山田洋次監督以下、山田組が一丸となってコロナ対策に細心の注意を払う理由は、言うまでもない。当初主演が決定していた志村けんさん(享年70)が、新型コロナウイルス感染による肺炎のため、亡くなった経緯があるからだ。  志半ばで帰らぬ人となった志村さんの代役として、遺志を継いだのが、沢田である。 「志村さんとジュリーは50年来の親交があり、互いに尊敬し合っていた仲です。代役に決まったとき、ジュリーは『志村さんのお気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です』と語っていた。  プライドの高い彼は、本来なら代役など絶対やらない。それがすべてのオファーを断わり、スケジュールを真っ白にして『志村さんの無念をくんで、ぜひやりたい』と、監督の要請を快諾した。義理堅い男、それがジュリーなんです」(前出・映画関係者)  無類の男気で臨んだ今回の撮影。映画完成まで体調を崩さないよう、脂っぽい食事や酒を控えるなど、沢田の思い入れも格別だという。 「カメラの前で目を閉じ、意を決したように役に入る姿が印象的です。きっと、志村さんと2人で演じているという気持ちなのでしょう。現場では『志村さんなら、いまどう演じただろう』と、口にすることもあるそうです」(前出・関係者)  喜劇王から名優へ、魂のバトンは確実に受け継がれている--。 (週刊FLASH 2020年7月21日号)

【関連記事】