Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セブン-イレブンが顔認証決済や商品案内用サイネージの視聴時間測定の実証実験を開始

配信

ネットショップ担当者フォーラム

セブン-イレブンジャパンは3月16日、省人化の実験店舗として運営している「セブン-イレブン麹町駅前店」において、顔認証決済を社員向けに導入した。 専用端末を使って事前に顔の画像やクレジットカード情報、確認用コードを登録しておくと、セルフレジで顔認証決済を行える。 顔認証決済の利用者は、セルフレジで商品代金を支払う際、顔と確認用コードで本人認証を行って決済する。 ■ 商品案内サイネージの視聴時間を顧客の年齢や性別別ごとに測定 「セブン-イレブン麹町駅前店」では2020年5月中旬をめどに、店内の商品案内用サイネージを来店者が視聴した時間を、画像認識技術で測定する実証実験を開始する。 サイネージに設置したカメラの映像を分析して来店客の視線を検知する。映像から顧客の年齢や性別を推定し、年齢や性別ごとにサイネージの視聴時間を可視化するという。こうしたデータを効果的な販促につなげられるかを検討する。 視聴時間の測定は、日本電気(NEC)のAI技術「NEC the WISE」を使っている。NECによると、カメラで撮影した映像のデータは即時に破棄され、個人を特定可能な情報は保存されないという。 「セブン-イレブン麹町駅前店」はセブン-イレブンジャパンの直営店。コンビニにおける課題に対し、技術や設備で解決を目指す実験店舗として2019年12月にリニューアルオープンした。