Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界で約40人のリアリティショー出演者が自殺。ネットの誹謗中傷がひどかった

配信

女子SPA!

 5月23日、22歳という若さで亡くなった女子プロレスラーの木村花さん。人気リアリティショー『テラスハウス』への出演がきっかけで、ネット上で誹謗中傷を受けるようになり、心無い言葉の数々が彼女を追い詰めたのではないかといわれています。  花さんの死は、欧米メディアでも数多く報じられました。それだけ『テラスハウス』の海外人気が高かったこともありますが、同時に“ネットリンチ問題”がどの国でも深刻化していることを表しています。

ハリウッドスターをSNS閉鎖に追い込む差別ツイート

 これはリアリティショーでなく劇映画ですが、女性版『ゴーストバスターズ』に出演したレスリー・ジョーンズ(52)は、同作が公開された2016年当時、誹謗中傷に悩まされたハリウッドスターです。  アフリカ系のレスリーに対する差別的なツイートは、彼女をゴリラに例えるなど下品で卑劣極まりないものばかりでした。  当初はそうした中傷に対し、ユーモアあふれるコメントでやり返していた彼女も、その数と内容の酷さに「もう何も感じられない。麻痺してきた」と訴えるまでに。最終的にはツイッターアカウントの「閉鎖宣言」をするところまで追い込まれました(現在は再開)。  後日、ツイッター社は誹謗中傷を扇動したとして、保守系ニュースサイト『ブライトバート Breitbart』の編集者の利用を禁止し、永久追放したと『USAトゥデイ USA TODAY』などが伝えました。  こちらも劇映画ですが、『スターウォーズ最後のジェダイ』に出演したベトナム系米国人のケリー・マリー・トラン(31)も、ネット上で人種や見た目に関する差別的な攻撃を受けていた女優。  同シリーズで主要キャラクターに初めて抜擢された非白人女性として話題になっていたケリーでしたが、2017年末の作品公開直後から、過激なファンのやり玉に上げられるように。  BBCによると、誹謗中傷の中には、キャラクターに対する不満だけでなく、ケリーの体重やアジア系であることをバカにしたものが多く、耐えきれなくなった彼女はインスタグラムの投稿を全削除してしまいました。  彼女のアカウントは今も残っていますが、以来、投稿は一つもないままになっています。

【関連記事】