Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インターン選考にファッションショーも 「あつ森」が拡張するゲームの新たな可能性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

国内外で大人気のゲーム「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」。任天堂が8月6日に発表した2021年3月期第1四半期(4~6月)決算によると、あつ森の世界全体のセルスルー累計販売数(小売店から消費者への販売数)は2000万本を超えたという。 2020年3月にリリースされたあつ森。同月だけで1000万本以上が販売されたが4~6月期も人気を維持し、さらに1000万本以上が売れた。決算書によると、4~6月期の販売数は1063万本に上り、3月の販売数を合わせた累計販売数は2240万本に達した。 このあつ森、海外ではソーシャル/ビジネス/アートなど様々な活動が行われており、それぞれの取り組みがインスピレーションとなり別の取り組みにつながるクリエイティブな空間に進化している。ゲームの枠を超え、どのような発展を遂げているのか、海外の動向を追ってみたい。

IKEAやKFCなど、あつ森のプロモーション効果大

あつ森に自社のプロダクトやサービスを紹介する島をつくり、ビジネスプロモーションを展開する事例は少なくない。 2020年5月、香港の食品販売企業Yummy Houseが1カ月限定であつ森スペシャリストを募集したことが話題となった。同社は、あつ森のプレイ時間100時間以上かつアートスキルを持った人材を募集。島をつくり、自社製品、ロジスティクス、工場、店舗に関する情報を伝える展示物をつくることをタスクとする仕事内容だ。英語メディアQuartzによると、この募集に香港、米国、台湾、日本、マレーシアなどから200人以上の応募があったという。 6月には、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)フィリピンが、あつ森にバーチャルレストランをオープン。KFCフィリピンは同月17日に、ツイッターで予告動画を配信。バーチャル・カーネル・サンダースがレストランツアーを行う姿が公開された。現時点で確認できる同ツイートのリツイート数は876回、いいねは1400件。通常のツイートの場合、リツイートは多くて30回、いいね100件ほど。プロモーション効果の高さを示している。

【関連記事】