Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

’20最新ヘルメット〈SHOEI〉グラムスター【今秋発売予定のシンプルデザイン仕様】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

雰囲気満点+最新性能のネオクラモデル

SHOEIより’20年秋に発売予定のフルフェイスヘルメット「グラムスター」を紹介する。 【関連写真×6枚】’20最新ヘルメット〈SHOEI〉グラムスター〈今秋発売予定のシンプルデザイン仕様〉

軽量コンパクトな帽体にスマートな換気機能を完備

J・O、EX-ゼロのネオクラシック路線が好調なSHOEI。これに続く新作が’20年秋発売予定の「グラムスター」だ。丸いフォルムとシンプルなデザインが最大の魅力で、旧車や流行のネオクラによく似合いそう。一方、帽体は軽量コンパクトな最新型となり、額に開閉式ダクト、チンガードに開放式の吸気スリットを装備。走行風は帽体内を通り、首裏の排気孔から排出される。これらの換気機能が目立たなく配置されているのがニクい。 シェルはグラスファイバーと有機繊維で構成した、同社得意のAIM構造。さらに、異なる衝撃吸収レベルを持つEPSライナーで保護しており、安全性能にも抜かりない。内装はセンターと頬パッドが着脱可能だ。  既に欧州では発売済みで、国内版は日本の規格に合わせて仕様を煮詰めている。登場が楽しみだ。 ――SHOEI GLAMSTER ●価格:未定 ●サイズ:S M L XL XXL ●規格:未定 ●’20年秋頃発売予定 ――どこから見ても丸みを帯びた形状と広いアイポートが実にレトロ。新作のCPB-1バイザーはシンプルながら、定位置に収まるロック機構付きで、ピンロックシートも装着できる。 ――帽体は3種類(XS ~ M、L、XL ~ XXL)。コンパクトさとフィット感を追求している。アゴ紐はクラシックモデルらしく、あえてDリング式を採用した。 ――SHOEIの最新カタログには、グラフィックモデルの「RESURERECTION(リザレクション)」 も掲載。青、黒、白の3色設定で、ラインが後方に行くにつれ大きくなるデザインだ。

SHOEI初のオフィシャルギャラリーがオープン

SHOEI初のオフィシャルショールームが、東京・秋葉原近くにオープンした。1階にはSHOEI契約ライダーのマルク・マルケス選手らの使用ヘルメットなどが展示。2階には現行ラインナップのほぼ全カラーが一堂に揃い、フィッティングも受け付けている(詳細情報は下記関連記事リンクへ)。

―― ●まとめ:沼尾宏明 ●写真:山内潤也

WEBヤングマシン編集部

【関連記事】