Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

県知事が乗るには高すぎる?相次ぐ“センチュリー批判”に自動車ジャーナリスト「このような車を作れる産業がある国だということも知ってほしい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 知事らが使用する公用車についてのこれまで使用していたトヨタの高級車「レクサス」を「センチュリー」にグレードアップしたことが波紋を広げている兵庫県。 【映像】「安全で快適だったら、センチュリーが抜群だ」公用車としてコスパ妥当?  12日の会見で、井戸敏三知事は「性能が良くないと。特に兵庫県みたいに山あり平野ありで、しかも広大な県土を抱えているところで、走っていても滅多に壊れないような車でないと困る。望ましい車であるということは間違いない」と述べ、再検討はしない考えを示した。

 総理大臣や皇室の公用車としても採用される最高級車「センチュリー」。トヨタの公式ホームページによれば、「外から遮断された静寂さ」「滑らかで安定した乗り心地」といった特徴のほか、「高い衝突安全性能」「徹底した燃費向上によるCO2排出量低減」も謳われている。  一方、価格は19,962,963円(税込)で、クラウンやレクサスに比べても高く、兵庫県のリース料は従来の約2倍となる600万円(2台)に跳ね上がる。そのため、県民からは「もっと違うことに税金を使って欲しい」「無駄だ。レクサスでも無駄だ。別にそんな高級車を使わなくてもいい」といった声が上がっているのだ。  センチュリーを巡っては、貴賓車兼県議会議長車として2000万円を超える価格で購入した山口県でも問題視されており、大阪府の吉村洋文知事は9日、「この時代に、センチュリーという最高級車でないと知事の仕事ができないというわけではないし、市民県民の感覚からかけ離れた行動ではないか」と否定的な考えを示している。

 センチュリーの開発者へのインタビュー経験もあるバラエティ自動車ジャーナリストの小沢コージ氏は「皆さんが批判するのももっともだと思うが、ただ、トヨタという年間30兆円の売上を出すとんでもない会社があるからこそ作ることのできる自動車で、“走る文化”や“プライド”といった面から見れば、このようなVIP向けの公用車を作れる自動車産業のある国が日本とドイツくらいしか残っていないということも事実だ。県知事が使うことが妥当かどうかはさておき、センチュリーという車を作れるのは素晴らしいことだと知ってもらいたい」と話す。  その上で、井戸知事がリースの理由として挙げた(1)性能が良いこと。兵庫県は起伏に富む県土、(2)安全性の確保。横からの追突にも強いこと、(3)環境性能。少なくともハイブリッド、(4)後部席の居住性。長時間乗ることを配慮といった点について、次のように話した。

【関連記事】